寒いですね~

前回アップしました
”大雪”という言葉そのものの
まるで季節を1~2月に先取りしたかのような寒さ、
病気で痩せてしまった体には
一層の寒さが沁み渡り、
閉口しています。で、
極暖ヒートテックなる下着を買い求めに、
某Y店へ駆け込みました。

多くの人が集中しているこの売り場、
この寒さでは考えることは同じ、私だけではなかったです。

12月に入ってから
長く暗いトンネルの中にいるような毎日でしたが
やっと、明るい太陽が出てくれています。
日差しの差し込む目覚めは
何か今日一日は楽しいことが待っているような期待と
元気を頂き、何よりもホッとします。


庭の片隅に、万両の実が
つやつやとしてなってます

Img_1538


お正月には縁起物とし欠かせない万両、千両、
ご存知かと思いますが
大金に見立てられた万両の赤い実は
房状に垂れ下がって成り、
実は重いはずだとして、
まんりょうと名付けられたという説があります。

一方千両は

Img_1540


我が家はまだ実を結んでいませんが
この葉の上に真っ赤な実が置かれるようにして成ります。

千両は、上向き、万両は下向きに成るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪(たいせつ)に

12月なのに、木枯らしならず
南風が吹き荒れ夏日を迎えたり
翌日には1月末の季節となったりと
落ち着かない天気に体の調節がうまくいきません。

さて、12月は
立冬から始まり“小雪”(しょうせつ)”
そして、七日は本格的に雪の降り出すという
”大雪”(たいせつ)となり
今朝は一段と厳しい寒さをむかえています。

庭木にわずかにとどまっていた葉は
冷たい風が吹き飛ばしていきました。
葉を落とすと樹形がよくわかり
これはこれで趣があります。

Img_1533

葉を落として寒々と佇む木々、
風に舞う落ち葉などの情景を
先人たちは
”枯れ野見”といって
お花見やもみじ狩のように楽しんだのだそうです。

厳しい寒さの中で
ふと春を思わせるような”小春日和”の日が恋しいです。

柔らかい太陽の光、張り詰めた空気のにおい、
枯草のすれる音、
そして何気なく咲いている帰り花、忘れ花、などなど
晴れた日に外に出て
先人のごとく
冬の風情を全身で感じたいものです。

庭にアブチロンが
帰り咲いています。

Img_1529
結構強健な花、真冬の寒さをなにをともせずに
気がつくと咲いている。

そして薔薇、
アンダー・ダ・ローズ
冷たい空にむかって、
凜と咲く姿が美しい。

Img_1525


こちらは、開かずに蕾のまま散る?

シャンテ・デ・ミサト

Img_1517

| | コメント (4) | トラックバック (0)

街並みは褐色に染まって

二階より見る街並みが褐色に染まっています。

12月に入り、
カレンダー一枚のみとなって
今年の私は
特別な思いでを、この一枚をめくりました。

昨年の今頃は微熱が収まらず
病院通いが始まっていたな~と。

そして、年明け早々から
入院、手術で始まり
退院して以来病院通い連続の一年間でした。

今は、抗がん剤治療を受けながらも
普通の生活にまでできるようになったことを、
色々な人への感謝の気持ちで膨らんでいます。

さて今の私、
毎日が良い日ばかりでは決してないですが
気分の悪い時は、横になり、
ひたすら気分の良くなるのを待つ
そして、収まると
意外と立ち上がりが早く
活動しはじめます。

ムンク展にも行き
Img_1511
今話題の映画、ボヘミアンラプソディーをも見にいき、
早速にクイーンのCDを買いこみ
彼らの音楽を楽しんで聞いている。
Img_1459


またおシャレをすることは大好きなので
デパートへのショッピングへはよく行ったりと
自分なりに楽しむ日を過ごしている。

12月の異名に、師走のほかに
”年満月”と言うのがあります。

年が終わるのではなく
様々な思いで一年が満ちていくのだ・・・
まさに今年の私はこうでした。

残された一年の締めくくりの月を
私なりの満ち足りた思いで
過ごすことができたらいいな‥‥そう思っています。

秋のような日差しを受けて
我が家の庭も少しづつ色づき
冬の庭へと変わりつつあります。

今の庭の様子をアルバムにしました。
久しぶりにブログへもアップしてみました。

スマホやタブレットからでは見られないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七五三のお祝い


日産ゴーン会長逮捕が取りざたされています。

報酬50億円を過少記載容疑という。
最初意味が分からなかったが、なんてことない
受け取っていた報酬を少なく申告していたということです。

日産に就任して以来毎年10憶円近い報酬,そして
仏・ルオーからも年9億円超の報酬を受けたりで
一年に総額約20億円前後の報酬があったというから
凄いです。

今回の逮捕容疑は、この5年間に届け出た報酬額をだましており
実際にはその倍近くの報酬を日産から受け取っていたという。

日産に就任した時の報酬の高さにもびっくりしたけれど
それだけ会社に貢献しているのだろうと
ただすごいと思って,雲の上の話と思っていた。が、
社内役員の間からも高額報酬には、
批判がたびたびだったらしい。

一般人が一生かけても遙か、遙か程遠い金額を
一年間に悠々に手に入れていた全く雲の上の話、
このような人がなぜ過少申告などと・・・・・。
また公私混同も甚だしいことをも暴露されたりと
もしそれが本当ならば、あきれてしまいます。

そんなにたくさんのお金を得ているのに、
この上何に必要だったのでしょうか。
そして得た収入は
いったいどのように使われていたのでしょうね、。

つい、このような下種なことを考えてしまう私、
うその申告するなんて
滑稽さと哀れさをも感じてしまいました。

さて話は変わり、
先日日曜日、孫娘の七五三お参りとお祝いをしました。

上の孫は5歳、下が三歳で女の子なのでメインは下の娘です。
二人して着物を着ました。

始めて履いたおぞうりに転んでしまい
急きょ着物にスニーカーの登場です。

Img_1354




上の子の時は
大きな有名な神社でお参りしたのですが
スピーカーで呼ばれるたくさんの子たちは一斉に式殿に入り
一斉にお祓いを受けて、ところてんしきに一斉に押しだされる。

そんな感じの七五三のお祓いに
ゆっくり味わう余裕もなく、情緒も何もない式典に
がっかりしたものでした。

そんなこともあり、
今年は息子たちの住む近くにある神社でお参りすることに。

街の神社であるけれど、なかなか由緒があって
派手ではないけれどしっとりと落ち着きのある神社で
ゆっくりと写真撮影をしたり
丁寧な神主さんのお祓いを受けたりと
七五三の雰囲気をじっくりと味わうことができました。

Img_1379
神妙な面持ちで神殿に入る二人

Img_1378

スニーカーに履き替えた子らは
広い境内を走り回り、飛び跳ねていました。

ママが一生懸命に着付けした着物は台無し。
それでも元気な孫娘たちの姿に
頬が緩みっぱなしの両家のじいじ、ばあばでした。


Img_1363

この子らに末永く幸あれと心から願い、
両家家族を交えての会食へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日日是好日

天気予報に反して穏やかなお天気の
土曜日となっています。

庭には、穏やかな日差しを受けて
木瓜の花が満開に咲いている。

Img_1339


Img_1337

先週退院してからずっと
私の心は今日のお天気のように
身も心も穏やかです。

入院前まで苦痛だった体は
どこへ行ったのかと思うくらい
身体は軽く,
病気から解放されているような体は
感じるものがすべて楽しく感じる。

がんは、本当に私の体に存在しているのかしら?なんて
またそんな思いをもたらしてくれています。

がん発症がわかって一年になろうとしている。
書き綴っていたブログを読み返してみた。

昨年の11月初め、奈良大和路へ旅に出かけていた。
帰京してからの熱の発症。
疲れとばかり思いこみ
中々引かない熱に病院を訪ね、
検査、検査でがんの発覚。
それからが私の生活は一変したのでした。

余命半年、治療をしても2年といわれた命でしたが
何とか今半年は過ぎ、一年は経ち
病気のことも忘れるほどに生きながらえている。
このままだとあと一年は・…なんて思いながら
もうすこし生きられるかな,なんて思っているこの頃です。

先日観た映画,日日是好日
今日の穏やかな日
この言葉の意味をつくづくと感じています。

陽ざしのぬくもり、その匂い
落ち葉がはらりと落ちていく
かさこそと舞っている様子。
雨が降れば、雨粒一粒の音
そしてその匂い・・・・。
季節を五感で感じられる喜び
季節を感じ、季節のように生きていかれたら・…
いえ、そう生きていきたいです。

今はまさにそんな思いの私です。

木曜日,ジム友からお誘いで
ランチをご一緒する。

奄美大島へ行ってきたことのお話
行きたかった田中一村美術館へ行ったこと
をも写真を見ながら語ってくれた。

大好きな画家、田中一村の絵のマグネットを頂く

私が収集していること、
覚えていてくれたのね。

Yさん、ありがとう!

Img_1352


我が家の冷蔵庫の壁ギャラリーにさっそく張り付けましたよ。


そのギャラリーはこんな感じです。

Img_1350

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山茶花の花

ちょっとブログのアップを留守をしてしまいました。

先月末から毎日の病院通いから
そのまま、尿管ステント交換のための入院、そして手術、と
そのためのストレスが多く、
ブログを書く気持ちにもなれませんでした。

尿管に押し寄せている癌を
阻止するために入れているステント
生きている限り、そのステントを
半年ごとに交換せねばなりません。

私は、その半年が持たなくて、・・・。

前回は3カ月ちょっとで
今回は5カ月も過ぎており、
この二カ月間は血尿、そして膀胱炎の連続に
薬の離せないつらい日々に、体への負担も大変でした。

今は、手術も終え、
膀胱炎からの苦しみから解放され、ほっとしています。

昨日,スーパーで買い物をしていたら
スポーツジムでご一緒だった方に声をかけられた。

”ブログ見ていますよ、ジムないで友達同士、今日のブログ見た?
なんて、話し合うんですよ”
なんて言われてしまい、なんだか気恥ずかしく感じ
”見てくださってありがとうございます”といって別れたのだが
こうしてみていただいている方から声をかけられたり、
拙いブログですが、
待っていてくださるかたがいらっしゃるのかと思うと
怠けていた心に反省して、また書かなくては…そう思いました。

さて、11月も早10日も過ぎて
いろいろな話題を提供したハロウインは終わり
クリスマス商戦に、イルミネーションにと
街は華やかな季節へとうつります。

7日は立冬でした。
本来ならば木枯らしも吹き始め、
木々の葉もだんだんと色褪せ、
寂しさと冬の気配が漂い始めて
いよいよ冬が始まるころ
なのに今年は矢張りおかしい。

あちらこちらで季節外れの桜が咲いたり(十月桜ではない)
あたたかな毎日であったり
異常続きのこの国の気象に振り回されているのは
人間だけでなく、木々も振り回されているようです。

台風の塩害のため
庭の木々の色は、美しい紅葉は今一で
おかしな色となっている。

そんななか、
山茶花や侘助が咲き始めています。

Img_1330
漢字をそのまま読めば
”さんさか”なのに”さざんか”?
これは、倒置現象と呼ばれるもので
”新しい”はもともと”あらたしい”
”舌鼓”も”したづつみ”
と間違えやすいです。
言いにくい言葉は変わっていきます。


こちらは侘助

Img_1322


椿の一種です。

他の椿の仲間に比べたら花が開ききらないのが特徴です。
つつましく優しい印象の感じられる侘助
名前の由来は
豊臣秀吉が朝鮮を攻めた時、侘助という人が持ち帰った
又は千利休の下男で侘助という人が育てていたからという両説が
伝えられています。
茶の湯の心、”わび”と”すき(数奇)”から来たという説などあります。
いずれにしてもお茶花として大変好まれてきました。

山茶花と椿はよく似ています。

でも椿は花ごとポトリと落ちるのに
山茶花は花弁が一枚づつはらりはらりと散ります

椿が凜とした印象を与えるのに
山茶花は優しい印象なのは
散り際の違いからでしょうか.

また俳句の世界で
昔私は椿を椿散ると詠んだことがあって
俳句では椿散るとは言わなく
散り椿というのだと指摘されたことありました。

言葉は色々難しいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

傘寿を迎えた夫

好天が続いていた空は、今日はすっかり雲に追われて
時々小雨も混じるあいにくの祭日となってしまいました。

今、日本列島は真っ赤に燃えている。
各地にもみじ狩に出かけた人もたくさんいたことでしょう。

昨日三日は、夫の誕生日でした。

毎年蓼科でカラマツの落葉を見ながら
ホテルの方々にも祝われて過ごす誕生日でしたが、
今年は近場のレストランで
二人ささやかに祝いました。

長らく日本にいた娘夫婦、
私の誕生日には手渡ししてくれた花束でしたが

夫には、ミュンヘンより
彼らからの大きな花束が届けられました。

Img_1296


夫は、今年で傘寿を迎えました。

黄色の花々は、
傘寿にふさわしく、
幸せいっぱいのオーラで
家中が包まれました。

Img_1299


Img_1300
面と向かっては
なかなか感謝の気持ちが言いづらいのですが
心の中ではいつも思っているんですよ。

どうぞいつまでも
今のように、元気で、頑固(笑)な夫で
いてくれますように・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四方山話(よもやまばなし)

昨日は抜けるような空が広がり
気持ちの良い一日でした。

先日頂いたダリア、ポンポンになっている花弁
その美しさに目をみはります。

Img_1202


Img_1200

陽ざしの中では半袖でもいいくらいの昨日
二日続きで病院へ。

抗がん剤の副作用で白血球が
大分減少しているといわれる。
標準値は
4000~9000なくてはならないところ
1200にまで減っていました。

今私は医大での抗がん剤治療を
点滴でなく、飲み薬療法でしています。

5日飲んで2日休み、また5日飲んで2日休み
この後2週間、休んで、この間
白血球の増えるのを待つ・・・

このようなローテンションでの治療法をしています。

点滴よりこちらの療法の方が、
私には合っている感じなのですが
といっても、点滴の時と同様
いろいろな副作用は
私の体をいじめています。

さて先日は,ジム友とランチをしたり、
23日には、久しぶりのママ友(もうばば友?)との
再会でした。
息子たちが中学校受験を戦った時の友達です。

皆、親の介護等に、月日は流れ、
会うチャンスがなくなり、
今回またこうして再開がかないました。

あの時戦った子らは、今は
42歳のいいおじさんとなって
中には、かれらの子供が
今また受験の時を迎えている人もいて。

そんなかんなで、お互い年を取ったことを実感して、
それでも皆元気で、
昔は、もっぱらお姑さんの話は、
今は夫のこと、そして孫のことに話は尽きず、
話の端端に、幸せな生活なさっている感じが
ひしひしと伝わりました。

なんといっても孫の話ともなるとそれはもう
お互い、頬は緩みっぱなし。

朝11時頃より夕方5時ころまで、”女子会ならず、おばば会”の
四方山話は、つきませんでした。

四方山とは“四方八方(よもやま)”の変化で
つまりあちらこちらという意味です。
日本は山の多い国、
四方の山で見てきたこと、聞いたことで話に花が咲き
また山盛りの話題で
四方山話という言い方になったといわれています。

我々の婆友も今回、久しぶりの再会
山盛り、てんこ盛りの四方山話は尽きません。

話すの語源は放す、心を解き放つということで
おしゃべりがストレス解消にいいわけです。

解き放した心を、受け止めてくれたり・・・

久しぶりの長時間のお喋りに、
夜、のどがひりひりとしました。

いいアドレナリンが噴出したのでしょう
夫に”頬が紅潮しているよ”と、言われました。

お互い心と心の行き来のある
とっても楽しいひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユニークな多肉植物

素晴らしい秋晴れの続くこの頃でしたが
今日は、どんよりとした空が広がっってしまいました。

やっと本来の日本の秋に落ち着いたのかと
うれしく、たっぷりの秋の日差しを
心から感じた昨日でした。

こんな日は少し庭いじりでも・・・・

昔秋の日に作ったハンギングバスケットの
写真を見ながら思い出しています

200810




出かけついでに立ち止まったお花屋さんで
新しい多肉植物を見つけました。

今、この植物にはまっている私
先日もこのブログで、
ちょこっと日高ミセバヤという多肉植物を紹介しました。

Img_1144


花も咲くし、何しろユニークでかわいらしいのが魅力の植物です。

今日のフラワーさんで
今家にないものを早速買い込んでしまいました。

Img_1231


Img_1232


Img_1233


早速大きな鉢に植え替えました。

私のお気に入りの多肉植物に、

Img_1139

ニューフェイスが加わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家の中は花いっぱい

すっかりと秋めいて
暖房の恋しい季(とき)となりました。

10月ももう半ばとなって
そろそろ忙しさが、目に見え始めてきました。

さて10月、我が家では
10月生まれが三人もいます。

12日は私の、?才の誕生日でした。
長らく生きています。

先日亡くなった樹木希林さんではありませんが
想えば私の人生上出来かな・・・・・
この頃いつもそう思います。

そして4日は、娘のお婿ちゃん、52歳。
もう一人は、かわいい孫娘が七日、
まる5歳になりました。

9日に来日している娘夫婦が大きな花束を抱えて
おめでとう!と駆けつけてきてくれました。
(彼らは、我が家に泊まると私が大変と、
東京赤坂にある長期滞在用のホテルに泊まっています)

娘夫婦と私共夫婦で、ささやかではありますが
リクエストのお寿司で、第一弾の誕生日祝いをしました。

そして昨日14日、三人の誕生日祝いを兼ねての
お食事会をレストランでしました。
家族の全員集合、何年ぶりのことでしょう。
ここでも私は
お嫁ちゃんから素敵な花束を頂きました。


お食事をとりながら、ワイワイガヤガヤ
色々な話に花が咲き、記念写真を撮ったりと
楽しい家族の集いでした。

家族一堂勢ぞろいの大切な時間は
秋の日のつるべ落としで、
あっという間に過ぎてゆきました。

ちょっと疲れたけれど
楽しいひと時を過ごせたことへの感謝です。

そして今、昨日のことを思い出しては
孫ロスで胸が詰まりそう。
何時も会っているのに、こんな気持ちになるのは
何なんでしょう。

大好きな花が家中いっぱい
、どこを見ても花、花、花。

Img_1195


Img_1193


Img_1197


Img_1185


Img_1184


Img_1170




みんなありがとう。!!

来月11月は、夫と下の孫娘の誕生日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«癌、夢の新薬”オプジーボ"