小暑?

お天気もやっと落ち着いた?

今朝は涼やかな風が吹き抜け湿気もさほどなく
爽やかな朝のなか、
たくさんのお洗濯ものをベランダで干していた。
見る見るうちに暗くなってきて、黒雲がもくもく出てきた
これは・・・・おもっていたらぽつぽつと落ちてきてしまった。
急いで取り入れて
どうするかこの洗濯物?これらどこにほす?
でもまた日差しも出てきそう、
取り入れたままにほおっておこう。

案の定しばらくすると雨も止んで、
また一から干しはじめた。どうぞこのまま降りませんように…
それでもなんとなく不安定な感じの空模様が心配です。

西日本豪雨、未曽有うの被害をもたらしている。。。
ニュースを見るたびに、
甚大なる被害が入ってくるのを聞くにつけ
胸を痛めてしまう。

先月28日に抗がん剤を投与して、やっと今日あたりから
体が戻っているような感じ。

それでもまた512日には再度投与が待っているのだが。

今日は7月9日、、新暦では7日から22日まで”小暑”と言って、
本来ならば、長く続いた梅雨がそろそろ終わりを告げて
もうすぐ夏本番、というフレーズのはずだが、
こちら関東では、もうすでに梅雨明けは終え
梅雨前線や台風の影響で、
集中豪雨が被害をもたらしている日本列島です。

のかんぞう(野萱草)がきれいに咲きそろっています。

朝咲いて夕方にはもうつぼむ一日花です。
花の根元には次に咲く蕾が多数控えています。

Img_0679


Img_0681


昨日の日曜日孫たちが遊びに来てくれた。
一日かわいい孫たちと一緒に遊び、疲れたけれど
癒された日でした。

孫たちが遊んだ部屋には、絵本、折り紙、お絵かき、遊具が
ちらかしたままである。

飽きると私のステッパーで遊び・・・・。

Img_0695

今の私の心は
孫ロスであふれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戻り梅雨?

しとしとじとじと、と、戻り梅雨のような天気が続いている。

全国各地では過去にない大雨警報,避難命令も出されて
戻り梅雨なんてものではない状況です。

私の住んでいる地域では
警報は出ているけれど、
今のところ大雨はふる気配はなさそうな・・・。
それでも暗く重い鉛色の空からは
時たま降ったりやんだりとしている雨に
家の中でじっとしていると
少し肌寒い感じです。

昨日まで39度近くの熱で
この二三日気分の悪い日を送っていました。
これも抗がん剤の副作用ではと夫は言うが・・・・。
先週は、猛暑のうえ色々なことのあった1週間だったので
精神的にも参ってしまったのか。

雨に打たれた薔薇の花は

Img_0647


ヘメロカリスもたくさんの雫を抱え

Img_0650


カサブランカは重たそうに

Img_0651


アガパンサスは何かみずみずしく

Img_0519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家でトレーニング?

今日も朝から気温はぐんぐんと上り
10日連続の強風も吹いている。

地区によっては大雨や雷雨、そして竜巻等も起きている。

娘の住んでいるドイツ、ミュンヘンも
本来ならば、今の季節すべてが光り輝いている時、
なのに気温は16度で肌寒く
大雨が降り続いているとか。

異常気象は地球規模で起こっているようです。

先週28日の抗がん剤投与をしてから5日目を経過し
今までなかった副作用につらい思いをしている。

下痢はいつもの定番、
今回は手、足のしびれに
手先の感覚があまりなく、物をよく落とす。
口の中のしびれ、
味覚がなく、何を食べてもおいしくなく食欲無。
今までなかった気持ち悪さ、軽い吐き気も感じる。

抗がん剤投与の回数を重ねるごとに
だんだんと副作用が強く感じているこの頃です。

前回の診察で、
がん細胞が1月の時点よりわずかだが小さくなっていると
告げられている、
ドクターはもっと回復させようと
少しきつい抗がん剤でも投与したのだろうか・・・・
私に相談もなしに
そんなことは決してあり得ないこととわかっているけれど
今回はいつもと様子が違います。

先日家の中で転んだことを受けて
確実に体力が衰えていることを実感している。

時間があったら家の周りを歩こうと、思いながら
暑い時寒い時雨の時風の時など、色々理由を付けてしていない。
その矢先、転倒、しかも家の中で。
全くの老人、いいえ老人なのですが、そのもの出す。
またジムにでも行ってマシーンででも歩こうか・・・・

テレビを見ていた夫がこれがいいんじゃない?。
と言って早速テレビショッピング。
届いた商品がこれ

Img_0645


Img_0646


ステッパーです。

CMで、有名な女優さんが、楽しそうに踏んでいるのが映し出されている。

此れなら家の中で、天気にも、時間にもさようされずに
何時でも、目に入ったら踏めばいい。

そういうわけで、すっかり衰えつつある体を
少しづつでも元に戻せるか・・・・挑戦です。

連日の猛暑に強風
今の庭、カサブランカが、風にゆっさゆっさ揺れながらも
しっかりと咲いている。
花弁は風に多少傷んでいるが・・・。
そしてヘメロカリスが美しいです。
次から次へと咲いて、
毎日目を楽しませてくれている。

アルバムにしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一気に真夏日が

最速の梅雨明け
ギラギラと容赦なく照り付ける太陽
強い日差しに吹き付ける強風。
連日強い南風が吹き荒れる長い夏の始まりです。
水不足が心配です。

先週の木曜日は抗がん剤投与、
今回はいつもより早く、そしてつらい副作用が出始めて
何もする気力がなく、
寝たり起きたりの日を過ごしている。

先週は色々なことがあった
目まぐるしい一週間でした。

観測始終最速の梅雨明け、
そしてなんといってもサッカーワールドカップ。
ポルトガル戦での戦い
決勝へ行くためのボール回しで時間稼ぎ・・・・・。
いろいろ賛否両論がありましたが・・・。

プライベートでは
先ず日曜日の家のキイ忘れ事件
そして二日後
家の中での転倒事件という
最悪のアクシデントを起こしてしまいました。

ちょっとした段差に躓いて、
思い切りろっ骨を打ってしまい
転んだ瞬間の息もできないくらいの痛みの衝撃に
一瞬気を失って
私はもうこれで死ぬのかと、
朦朧とした中で考えていた。

しばらくして立ち上がり、ああ生きていると・・・
その時はさほどの痛みを感じられなかったが、
翌朝の痛みに病院へかけこみました。
酷いひびではないけれど
肋骨に軽いひびが入っていると・・・・・。

転倒事件は過去何回か起こして、
30年近くもジムで鍛えた体だからと
過信していたがとんでもない。
病気をしてからこの半年は
運動という運動は何もしていない。
筋力の落ちている体は一目瞭然です。

老人の事故は
家の中で起きることが多いという
改めて、身をもって認識させられた。

外は雲一つない夏空が広がっている
今日も吹く強風に庭の木々が
ゆっさゆっさと揺れている。

今、カサブランカが見事な花をつけている
連日の強風に重い花ビラのカサブランカは
枝が折れはしないかと、気をもんでしまう。

Img_0554


Img_0575


そして新しいシュートから咲きだした薔薇も
夏空に向かって元気に咲いている。

Img_0566


Img_0577

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗い日曜日,なんて思ったことが・…

日曜日、梅雨の晴れ間ならず
ギラギラと照り付ける真夏日となった。

午前中は、真っ暗な天気に気分も重く感じ、
ふと”暗い日曜日”というシャンソンが脳裏をよぎった。

もっともこの曲、シャンソンのイメージが強いけれど
もとはハンガリーの曲で、ハンガリーで歌われていた。
ナチスドイツに対する反逆の歌だったらしい。
当時、この曲の歌を聞くとなぜか自殺者が絶えないと、
イギリスBBC放送は放送禁止とさえなった曲です。

昨日の暗い朝につい、
”暗い日曜日”を口ずさんでいた私でした。

ところが天気は、あれよあれよと晴れ渡り
暑い日曜日となりました。

今月で私の車は、法定一年点検です。

当然、ディーラーさんが、家にまで取りに来て、
納車までしてくれるとばかり思っていた。
ところが、事前に頼んでおかなければいけなかったらしく、
販売店まで片道40分ほどかけて、自分で持っていきました。

用意されていた代車は、同じミニクーパなのに
一回り大きく背丈も高く、
形も色も素晴らしいです。

運転もとってもしやすく、
このままこの車に変えてしまいたい思いです。

運転しやすさにルンルン気分で、
買い物したりして家に帰り着きました。

ところが、さア家に入ろうとしたら家の鍵がない、
あっ!私の車のキイにつけたまま渡してしまった・・・・。
あァ~~なんてこと!

夫はゴルフで夕方まで帰らないし、待つには時間がありすぎるし、
そのうえ,アイスクリームを買っていた・・・。ああ、溶けちゃう・・・・

仕方のないまま、また町田まで戻って行った、。

すでに私の車は工場へ運ばれていて、キイを取りに行ってくれていた。

そんなで、せっかくの日曜日半日が、つぶれてしまった。

朝、暗い日曜日なんて口ずさんだのがいけなかったのか・・・
とんだ失敗をやらかした日曜日でした。


気を取り直して、お花のことといたしましょう。

昨日までまだ固い蕾だった、カサブランカ
今朝にはなんと、豊潤な香りを辺りに漂わせて開いていた。

Img_0528


こちらは、白色
花弁の淵に、淡いピンク色が
しべの奥はグリー色に

Img_0526


まだたくさんのつぼみがついてます。
これからしばらくは
カサブランカの大きな花と香りを楽しめそうです。

Img_0529

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どんよりとした梅雨空を彩る花々

梅雨の間の晴れを有効に使った昨日
今日はもう天気は下り坂、
朝から湿気が多く
気温も低く、変化の著しいこの頃の気候に、
気分まで滅入ってしまいそう。

下り坂の天気を察知してか
庭では小鳥たちが、えさを求めて
忙しそうに行ったり来たりしてにぎやかです。

庭では今
カラフルに咲く花々が
気分を和らげてくれます。

私は、華やかな春の庭はもちろん好きですが
意外と6月から7月の庭が好きです。
深いグリーの中で
花々が、一層美しく感じるからです。

梅雨時の庭のパートⅢをアップしました。
お時間がありましたらまた入ってみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は五月晴れ

木々に吹きわたる風
葉ずれの音が気持ちいい。

梅雨空は今日は一休み、
五月晴れとまでは言いませんが
気持ちの良い一日を過ごしました。

五月晴れとは、
五月のさわやかなお天気ではなく、
長く降り続く梅雨の合間の晴れのことを言います。


昨日6月21日は、夏至でした。

一日ごとに伸びてゆく日脚がピークとなり
太陽の光が最も長く降り注ぐ日。
梅雨真っただ中の昨日は、顔さえ見せない太陽
どんよりとした梅雨独特の夏至の日でした。

私たちには、じめじめとした煩わしい梅雨、
草木にとっては、思う存分の水分を得て活気づく恵みの季節
梅雨時の木々や草花は、とっても美しく見えます。

病気になって以来
雨が降り続くときは、自然の織りなす情景を
こころ行くまで味わっているこの頃、
今朝も又新たなヘメロカリスが素敵なイエロー色で
庭を彩っていました。

Img_0478


Img_0479


Img_0480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の間の晴れに

昨日は一日中梅雨の間の晴れに恵まれ
気持ちの良い一日でした。

医大での14日に投与した抗がん剤の副作用で
気分がすぐれないままに
掃除洗濯と家事をこなしていると
気も紛れて病気を忘れます。

昨夜はサッカーワールドカップロシア大会、
日本は、初戦であるコロンビアとの戦いに勝ち、
日本国中応援の声で湧き上がっていた昨夜でした。
本来ならば、私も夫とともに応援したかったが、
この頃の私は夜10時にはベッドの入る習慣ができていて
起きていられませんでした。

なので朝はいつも5時には目が覚めてます。
夫の起きてこない間に
窓を全部開放し、外の空気に入れ替えます。
家中を通り抜ける新鮮な空気
何とも言えない気持に
今日もまた一日が始まったと体で感じる毎朝です。

病気になる前は、夜中の1時2時ころまで平気で起きていた。
そして、朝も6時には起床して・・・・こんな無理をしてました。

それから庭に立ち植物たちに挨拶をし
カメラを向けます。

今朝は真っ白だった紫陽花アナベルが
ピンク色に染まり始めていました。

Img_0452


アガパンサスも開き始めてきて

Img_0449


カサブランカのつぼみがいっぱいについています。
咲くのは、もう少し先になりそう。

Img_0440


今日も一日何事もなく無事に過ごせますように。

梅雨時の庭パートⅡです。
今日は一日雨降りの模様、
梅雨の晴れ間に写したものです。
お時間がありましたらお入りください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震が不気味なこの頃

昨日の朝は大阪での震度6の地震、
その前日は前橋で震度5の地震、
そして今千葉県ではスロースリップという
現象に、頻繁に地震が起きている。

何か不気味なこの頃です。

14日の抗がん剤投与の副作用が出始め
気分がすぐれません。
天気もどんよりとした梅雨独特の天気
鉛色した空からは今にでも雨粒が
落ちてきそうなそんな昨日でした。

どんよりとうす暗い庭に
白色の半夏生そしてどくだみの花が目を引きます。

半夏生(半化粧)
Img_0445


茎上部の葉が半分白くなる面白い花
ここから半化粧ともよばれ、
夏至から11日目、暦の半夏生頃に白くなるのが語源のようです。

どくだみ科の多年草で半分白い葉は花弁でなく苞葉で
盛夏では緑変します。

ドクダミといえば、今の時期
庭の手入れをちょっと怠ると
瞬く間に繁殖し、庭中この花でおおわれてしまう厄介な花です

Img_0447

摘んでも摘んでも生えてくるし
あの独特のにおいは好きになれませんが、
ひとたび花が咲くと、その花姿には魅せられる。
いつも、花が咲かない内に花が咲かないうちにと、
念じながら抜くのですが・・・・・。

このにおいの成分は、
細菌やある種のウイルスの活動を抑える作用があり
また十薬という漢方薬として知られ、
いろいろな病気に効果があるようです。

4枚の白い花びらのようなのは顎
真ん中に乗っているとんがり帽子のようなのが花ですね。

暗い空を見ながら
繁殖華々しい、半夏生とドクダミを
見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かに雨が降り続く一日に

癌切除
そして抗がん剤治療を始めてから丸4カ月たちました。

排尿による出血がひどくなり
尿管に入っているステントを交換するために
再度5月30日に入院し
全身麻酔で手術を行い、8日に退院しました。

点滴を外された今の私の体は
何の束縛のない自由を味わっています。

そして昨日(14日)抗がん剤の治療が始まり
投与する前の診察で
1月に撮った画像と今回の入院の時に撮った画像を見ると、
大腸より転移していた肝臓と肺の癌細胞が、一回り
小さくなっているのを、この目で確認できた。

癌細胞が増幅しているのでなく、小さくなっている・・・
がん告知の時と同様に再度のまさかの驚きである。

抗がん剤を初めて4カ月くらいで効果が出ているのは
標準治療の医大とは別に、癌クリニックで治療している
免疫細胞療法との相乗効果が出ているのだろうか。

主治医曰く
それでも、これぞという抗がん剤は、
今の私の体の状態には使っていないのですよ。
とも言われた。(ほかに病気を持っているため)

だから抗がん剤投与後の私は
言われているような酷さの副作用がないのだろうか。

癌細胞が小さくなったからといっても、まだまだ
手放しで喜べない状況に、小さな前進ですが
喜びはひとしお、希望を与えてくれました。

嫌な抗がん剤の投与も
がんばって受けなければと改めて思いました。

その晩は夫とともに
喜びを分かち合いました。

今日は梅雨寒の空から、静かな雨が降り続いた一日でした。

梅雨時の庭、パートⅠをアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«梅雨の訪れまじか入院前の庭