人間の仕事がなくなる?

先日の新聞に、こんな記事の見出しが

”2030年人の仕事が消えていく”

遠くない将来、人工知能(AI)に人間の仕事が奪われると
予想されている。

いまのAIは、将棋のAIのように一つの目的に特化していて
30年ころには人間と同じ振る舞いができる“汎用AI”の
開発のめどが立つといわれている。

人間と同じ振る舞いをロボットに組みこみ
人より安くて効率よく働けるなら、企業はそちらを雇う。

普及を考えると大半の人の仕事がなくなるのは
早くて45年、遅くて60年ほど先になるとか。

当然、人間に残る仕事もあるようで、
小説を書く、新商品の企画を考える クリエーティブ系
工場管理や会社経営会社経営などの マネジメント系
そして看護師などの ホスピたり系

この3分野はある程度残ると考えられる、が
矢張り重要な部分は人間が握らないと、
不測の事態が起きた時
人間らしい感性で判断しなくてはなりません。


古代ギリシャ時代では
労働は奴隷がするもので忌むべきものだったとか。
市民は、政治や数学に熱中したり、哲学をしたり。・・・・

かつての奴隷の仕事がAIやロボットにとってかわられたら
ギリシャのような世界になるかもしれません。

労働が人間の本質であるとは思わない、という。

近代になって労働の価値が高められた部分がある。
国民に労働をさせて国力を高めることが
国際競争の中で必要だった。
特に日本は憲法にも歌っている勤労の義務。
それくらいこの国は労働に重みがある。

社会に染み付いた”働かざるもの食うべからず”
という価値観は変わるべきである。

そんな社会にふさわしいBI・・・・ベーシックインカム
すべての人々に最低限の生活費を一律に給付する制を導入し
働く以外にも素晴らしいことはあるし
生きているだけで、貴いという価値観に変えていかなければいけない

そういう価値観の転換が必要だ、と
ある大学の助教授が、論説で語っています。

皆様はいかがお考えでしょうか・・・・。


さて、私は先日、車の給油のためスタンドに入った。
今まではすべて、スタンドの従業員におんぶ抱っこで、
ゆだねていたが
今はこんなスタンドは、ほとんど皆無ですね。

初めての給油に戸惑いながら
便利さに慣れていた年よりの身には不便この上なく、
暑さも手伝って、いら立ちを感じてしまった。

ここでも人がいなくなっている現象の
微々たる現われでしょうか。

ちょっと気分直しに
今私の興味を持って読んでいる作家に
原田マハさんという方がいらっしゃる。

彼女小説家でありながら、
私の大好きな絵画、
日本をはじめ外国の有名な絵画などに造詣が深く、
またそれらにまつわるストーリーに、大変に興味を注がれる。

私の子守歌のごとく彼女の本が置かれているベッドサイド
今、寝る前に読んでいるのはこれ

Img_0815


そしていつもバックに忍ばせているのがこれ

Img_0816


今迄に”ジベルニーの食卓”や”カフーを待ちわびて”
等を読んでいる、
だがまだまだゴッホやピカソフェルメールなどの
読みたい本が次から次に控えている。

Img_0838








| | コメント (0) | トラックバック (0)

足の衰えが・・・・。

台風が去りホッとしたのもつかの間
また猛暑のぶり返しに、うんざりしてます。

このところの私、急激な足の衰えに戸惑っています。

階段の上り下りもつらい、
ちょっとの歩き(スーパーの買い物程度)でも疲れ
ともするとつまずきそうにもなっている。

過日家の中で、思いもしなかった躓き、
肋骨にひびが入る転び方もしている。

のど元過ぎると、こんな惨事も忘れて、
普通だと思っているけれど
確実に、足や体力の衰えを感じているこの頃です。

病気になる前までは、あれほどに運動もしていて
そこそこの筋肉もついていたし、
体のバランスも悪くなくかったのに
この頃は目をつむって立つと、
ふらふらっと、転倒しそうになるほど
バランスが大変悪くなっています。

雨風の時は嫌、暑い時は嫌、寒い時も嫌。
体力をつけるための外歩きをという思いは
なかなか実行できそうにありません。

それでは家の中で何時でもできるからと
ステッパーを買ってみたものの
それもなかなか・・・・・。

先日の診察で運動をしてくださいとも言われている。
いっそまたジムにでも入ろうか・・・・と、いう思いが
頭をかすめています。

緑が美しくて
風に揺れるさまがかわいらしい小判草。

秋になると小判色、黄金に変わります。

Img_0804


Img_0801

| | コメント (6) | トラックバック (0)

のろのろ台風が去り、病葉(わくらば)が

のろのろ台風13号に惑わされていたこの二三日、
何事もなく、静かに去って行ってほっとしています。

台風の影響か、
まだどんよりとしている空に、
セミの大合唱だけが響き渡っている。
またあの暑さがぶり返えしてくるのか。

翁長・沖縄知事が急逝、という記事を読む
すい臓がんだったという。

知事のすっかりやせたお顔を拝見して
私の兄のことを思い浮かべてしまいました。

兄もやはりこの病気で亡くなっている。
最期には、見る影もないほどに痩せて亡くなりました。

と同時に、昨日の病院でうれしい検査結果を聞いばかりだったけど
私もこんな風になって、最期を迎えるのだろうか・・・・と、
楽天家の私であるけれど、
いろいろな思いが胸をよぎってしまいました。

台風後の家周りの掃き掃除で見つけた、病葉(わくらば)

Img_0797


病葉とは樹木の涙?、
秋を待たずして赤や黄に変色してしまった葉です。
病気や、害虫、暑さや風通しの悪さからの原因といわれます。

青々と茂っている葉に混じって
ちらほらと見える赤、黄の葉は目立ちます。
決して健康な状態ではない葉の最後の精いっぱいの
華やぎでしょうか。

昨夜の雨で、
しっかりと地面にくっついている病葉を見て
何か今の自分に重ね合わせてみてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

又も台風が・・・

台風13号が、
今夜遅くから関東に接近です。

こちらは、今はまだ風もなく
小雨がちらつくくらいで静かな雨ふりの日
という感じで、何とも不気味です。

今日は、昨日に続いて病院の診察日
昨日は医大での尿管の、カテーテルの交換治療、診察、
そして今日は、医大からのデーターを持参して
九段の癌クリニックへ行ってきました。

そしてここでの治療
免疫アジュバンドの投与が、今日から始まりました。

アジュバンド(Adjuvant)とは、ラテン語で”助ける”と言う意味。

私は、3月よりの医大での抗がん剤治療と一緒に
このクリニックでの樹状細胞ワクチン療法をしており
6回のワンクルーが終了している今の体には
免疫細胞が向上している状態で
これを維持し増強させるための治療が
免疫アジュバンドです。

医大での血液検査の数値、腫瘍マーカーの
CA19-9  CEAと呼ばれる数値が
1月より、検査のたびに確実に下がってきている。

そしてCTスキャンでの映像には
肝臓、肺に転移している癌細胞が
小さくなっている映像を確認できています。


医大での抗がん剤治療と、
九段での治療の相乗効果が出ているいわれ、
ともすれば、やめたい医大での抗がん剤治療ですが
結果を見ると、つらいけれど頑張って続けなければ、
という思いがあります。

Img_0794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木下闇(このしたやみ)

木下闇

Img_0778_2


我が家の庭の木下闇
枝を伸ばし葉をいっぱい繁らせた木の下は昼までも暗く感じます。

焼けつくような厳しい日差しも、ここまでは届かない。
ひんやりとさえして、居心地よく包んでくれる空間です。
(今年はそんなふうに感じないが)

ソファーに横になってじっと眺めています。
自然の懐に抱かれているような、そんな落ち着きさえ感じ
人はこんな闇に抱かれて、
遠い遠い昔、母の胎内にいたころのような記憶を呼ぶのでしょうか。

親子連れの小鳥たちが、出たり入ったり
何やら楽しそうに
くちばしを突っつきあって遊んでいる。

今週はまた、台風襲来のよう
酷暑に耐えている上に台風か・・・・・。
もう、いい加減にしてほしい。
何時になったら涼しい風を感じるときが来るのでしょうか。

7月に作っておいたアルバムです。
先日発表しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大暑の季節,葉ものが美しい

一年の中で一番暑さの厳しい大暑の今、
わかっているけど、異常なほどの気温が
私たちを茹で上がらせている毎日。
とどまることのない暑さに、ほとほとうんざりとしている。

しかもこの暑さ、日本だけではなく、アメリカもカナダもお隣り、韓国も、
そして、熱波はヨーロッパにまでも及んでいるようです。

一体地球はどうなっていくのでしょうか。

この炎帝のなか、真っ赤なばらが今日もまた一輪咲きだした。
ひときわ目立つ深紅で
この暑さをものとしないふうに、毅然と咲いている。

Img_0767


こちらはちょっと弱弱しそうに、”ニコール”

Img_0766_2

葉ものの植物
玄関アプローチの葉ものが至って元気です。

やぶランとハツユキカズラ

Img_0747_2
薮蘭のすくっとのびた葉が元気です。

Img_0775


コルジリネ・レッドスター

Img_0770


勢いがあって、気持ちがいいです。

Img_0776


ヒューケラ

Img_0772


花も咲いている

Img_0774

名前に魅せられる”風知草”

Img_0761


儚そうな花ですが
風にそよぐ姿が美しい。

Img_0762


暑い日差しを遮ってくれる
山ボウシ、小鳥が子連れでよく遊びに来ている
餌を口移しで食べさせている姿をよく見かける。
可愛い姿を写真に収めようと
部屋の中からカメラを向けようならば、すぐに逃げてしまう。

Img_0778
たくさんの実もなっている

Img_0691
そして
たくさんの蝉が

Img_0730_2


Img_0763
蝉しぐれが賑やかです。

こんなところに、ハチの巣が
危険、危険

Img_0765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過の日

逆走した迷走台風は、私の住んでいるエリアでは
何も被害なく去ってくれた。

台風一過の青空は望めないといっていたが、
もくもく雲の間からは青空ものぞいて、
雨をいっぱい含んだ庭の木々は生き返ったよう。
家の中を通り抜けて行く風がなんとも気持ちいい。

26日から土曜日まで抗がん剤投与をした。
今回は,副作用で(多分、)結構つらい日を過ごしている。
こんなお天気が手伝ってか、なおさらに気分が悪いです。

先週まではあんなに元気に動き回っていたのに
今は、体に力が入らず何をする気力もわかず、
昨日は、起きたり寝たりの一日。

今日は大丈夫かと思いきや
まだまだ昨日の延長のようで
やはりすっきりとしなく、だるい体です。

来日していた娘は
今は、機上のかなた。

途端に寂しくて、”I miss you, Maki”の心境を味わっている。
また来月すぐに会えるのに・・・・。

こんなに恋しく感じるのは、
矢張り抗がん剤の副作用の影響か。

ハニーサックルの花後の実が
真っ赤に輝いている

Img_0716_2


Img_0713_3


こちらはモーリスアカンサス
翡翠のような色をして

Img_0720


身を包んでいる花弁に触れようものなら
凄いとげがあたりとっても痛いです。

そしてこちらは山ボウシの実。
たわわになっている。
そのうちに真っ赤に色づきます。

その身は甘づっぱくおいしいのですが
毒をもっている?といわれます

Img_0690


Img_0691
あァ~、早く体から抗がん剤が抜けてほしい
シャキッとした体に戻りたい・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も暑くてうっとおしい

今朝の空は厚い雲に覆われて
いまにも降りそうな空模様
一雨ほしいところです。

今日も朝5時に起きて、まず家中の窓を開け放ち
バタバタと朝の仕事をし終えました。

元気ですね私。
これでガンサバイバーなんですが・・・・。

今週は何だか忙しかったです
日曜日からジム友とのランチ
月曜日は病院へ。
そして昨日は、山友とのイタリアンランチ…と。
三日間出ずっぱり。

ジムでも、山でも、今はきっぱりとやめて、
ご縁はなくなっているけれど
一緒していた仲間たちとは、縁は切れず、
時々お誘いは受けている。

それぞれのお話も聞けて
当時の思いに浸ることもできるし
楽しいひと時です。
こんな私を、いつも気にかけてくださり、
感謝の気持ちいっぱいです。
ありがとうございます~。


庭は、朝から草取り業者さんが入って作業をしています。
これで気になっていた思いが一つ解消です。

山ボウシの木に蝉が一匹
ミンミンと鳴き始めています。

Img_0730

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大暑の日

昨日23日は大暑の日でした。

酷暑の終わる日が一向に見えません。
こんな中、昨日は
造影剤を導入しての、
CTスキャン撮りのために病院へいってきました。

パーキングからエントランスまでの歩き、
熱風が吹き、体にまとわりついてくる風は
まるでサウナの中を歩いているようで
めまいをも感じ、気分が悪くなってしまいました。

東京では40度超えの地域もあったりと、
いつになったら少しは暑さは和らげるのか・・・と思いながら
夕方、庭の水やりをした。

毎年、蚊に悩まされるのだが、今年は蚊が少ない感じである。
と思ったら、蚊は35度以上になると、飛べなくなるそうです。
今年の夏は35度超えが当たり前になっていて
蚊さえ参らせているのですね。

昔は,日中いくら暑くても
陽が沈むとなんとなく涼しさを感じ
暑さの和らいだ夕方には、
自然の中に涼を探す納涼の文化みたいなもので、
夏の夜を楽しんだものでした。

夕涼みができるような日はもう来ないのでしょうか。

こんな中、My薔薇“レイコ”が一輪、
なんとなく弱々しそうに咲いている。

いつもの毅然とした強さのある花姿ではない
何か今の自分を見ているかのようである。

Img_0736


クレマチスも相変わらず
咲き始めている。
本当に今頃毎年咲いていただろうか・・・・
記憶のないままに、暑いさなかに咲く花に
愛おしさを感じる。
Img_0739


Img_0742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も酷暑の中で

暑い!です
いつも同じことを言っていますが、
今日もまた酷暑の始まりです。

朝からぎらぎらの太陽が容赦なく照り付けて
暑さを一層暑くしています。

体が一向にこの暑さに慣れません。

今朝も5時に起床し、家中の空気入れ替え。
毎年朝の空気の涼しさが恋しくて家中を開け放たれるのですが
今年は、朝から空気はよどんでいて
あの爽やかな空気とは程遠い。

それでも家中を開けてホッとし
庭の水やりを始める。

水やりを終え、コーヒーが沸くころ、夫が起きてくる。
もちろん洗濯物もこの間、干してしまう
太陽の陽ざしは朝の6時半にはベランダを埋めているから。

夫が出かけた後に、
今度は玄関辺りの水やり、掃き掃除があります。

今の私の朝の仕事の一つです。

草ぼうぼうの庭を見るたびにため息
夫がやると言っているけど、いつになるかわからないし
これだけ蔓延るとなかなか困難では。
矢張りこれは専門家に任せるしか・・・。

昨日、早速草取り専門業者さんに電話を入れた。
本当は草取りだけは夫にも誰にも任せたくなく
自分でやりたいのが本心ですが、
今の私の体では、お願いするしかありません。

25日に来てくれるとのこと、待ち遠しい。

水やりをしていて気づきました。
クレマチスが又咲き始めています。
毎年今頃咲いていたかしら・・・?

Img_0735


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«暑中お見舞い申し上げます