今朝の庭、そして”ブタナ”という花

気持ちの良いお天気いに
近くを散歩しました。

フィールドに咲いている花を見つけ、これが”ブタナ”と知る。

前回、”どうにかならないか花の名”ということを書きました。

そのなかには”ブタナ”という名がありました。

タンポポに似て、茎は長くすくっと咲く
と載っていました。

フィールドに、
名前とは想像もつかないすっきりとした花姿で
さいていました。

Img_9664_3


Img_9665_3
(画像上をクリックすると大きく見られます)

さて、話は変わり、
今朝の我が家の庭は、
星をたくさん集めたような花、
シラー・ベルビアータが、咲き始めました。

Img_9680


Img_9679


そして大好きな色の薔薇、レディー・ローズも
大輪の花を咲かせています。

Img_9667

鬱蒼と茂り始めた庭、特に
繁殖しすぎたクリスマスローズの葉、思い切って
ばっさばっさと切りました

葉の下にはたくさんの花々が、
窮屈そうに、じっと日当たりを待っているかのようでした。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の庭と花の名前

どんよりとした今にも雨が落ちてきそうな空模様です。
吹き荒れるこのところの風に比べたらホッとする。

先週の投与した抗がん剤がやっと体から抜けたようで
少し散歩に出たい気持ちになっている。
それでもまだ下痢状態は残っているのだが・・・。

今朝新聞を読んでいたら
朝日新聞の”天声人語”にこんな記事が載っていた。

何とかならないか・・・・。
そう思いたくなる花の名前を持つ植物
ハキダメギク・・・・小さな白い花を咲かせるこの花は
東京世田谷の掃き溜めで見つかって、
植物学の牧野富太郎博士が、大正期に名付けた名が、
変わらずに今でも用いられているそうです。

桜が散って今街路樹を彩っているハナミズキが美しいです。
ソメイヨシノが散った後の寂しさを慰めてくれる花でもありますね。

ハナミズキも、英語では”犬の木”と呼ばれるそうで、
樹液の煮汁で犬を洗うと皮膚病が直るといわれた所以だそうです。

さて今日の我が家の庭。
何処を散歩しても、満開の黄色モッコウバラが咲き誇っています。
我が家も例外ではありません。
今夕から花散らしの雨とのこと
散る前に写真収めておこうとに、シャッターを押しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春嵐の朝の庭、そして私の気分

一晩中の雨嵐、寝付かれぬまま
せっかく咲いた薔薇の枝が折れてはいないか・・・。
心配だった。

心配をよそに

Img_9614

空に向かってすくっと咲いている姿に
胸をなでおろす。

大輪咲きのロイヤル・アメジストは

Img_9616

矢張り大丈夫でした。

庭は、どうかな。
あれだけの春嵐だったのに
こちらも思っていたより荒れていなかった。

Img_9631

今日は、木曜日に投与した医大での抗がん剤の副作用で
気分がすっきりとせず
真っ青な顔をして、一日寝たり起きたりで過ごしている。
今日一日の辛抱かと自分に言い聞かせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭に立って

連日の強風に庭の荒れが気になっています。
昨日はやっと穏やかな日となり
夫ととも手入れをしてみた。

医大での抗がん剤投与したばかりで、無理はできないので
夫にいろいろ指示をしながらの庭の手入れです。

免疫療法が功を奏しているのか、体の方は
意外と元気でうれしい限りです。

庭に立ち、花を愛でる気持ちになっている今の自分に
幸せを感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の花は

街にそして野に山に優しい風が吹き
気持ちの良い毎日です。

何処へも行けない今、庭の花に囲まれて過ごす毎日、
またこうして庭に立つことのできる幸せを感じながら
水やりをしています。

あっ、にりんそうが咲いているのを見つけました。

Img_9549
いつの間にかどこから飛んできたのでしょう。
私の分身ともいえるにりんそう、大切に育てたいです。

今年は思いもよらずにシャクナゲが
きれいに咲いてくれました。
昔上高地を歩いた時に見つけた山シャクナゲの美しかったこと
思い出しました。

今日のわが家の庭に咲く花はシャクナゲです。

Img_9539


こちらは淡いピンク色です」
Img_9522


そして、いま満開のチューリップ、
春のそよ風に満面の笑みを浮かべているようです。

Img_9542

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春、うらら

2カ月の長く辛い闘病を癒え、退院して丸一か月を迎えました。

イレウスの治療から始まり、大腸がん(盲腸がん)を切除し
今は医大での標準治療である抗がん剤治療を受けつつ
がん専門病院での、免疫細胞療法をも受けている。

退院してからの半月は、体力もなく、気力もなく
何も考えることもできない、悶々とした毎日でした。

暖かな気候とともに少しづつ体力も回復して、食欲も出て、
何よりも自分を見つめることができるようになってきた。
今までとは一変した生活を、受け入れて
病気とうまく付き合っていくしかないと・・・・
そんな気分にやっとなり始めているこの頃です。

気がつくと周りは桜が満開からすでに散り始めている。

我が庭もたくさんの花々が春よ春よと咲いている。

退院した時には、ああ、咲いている…そんな気持ちしか起きず
やっと庭の植物にも、以前のように愛でる気持ちで
目を向けられてくるようになったこと、
幸せと感じなければ・・・・・。

それでも退院してから間もなく、
徒然なるままにアルバムを作ってみた。、
発表したものの、
心が反映して、悲しそうなアルバムです

あれから半月、今回は少しは元気のあるアルバムができたのでは・・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

私の体には癌が

庭のあちこちから甘い香りが漂っています。

Img_9290


Img_9291


Img_9321

今年も.押し迫ってまいりました

本当ならば、年末の用事に駆けずり回っている私なのに
今年は事情が変わりました。

11月からの体調不良、
12月より病院通いが続き
医大での検査づくめ。
そして、PET検査によって見つかったのは
悪性の大腸がんでした。
最初のCTスキャンで発見された、胸と肝臓の影は
この大腸がんから飛び移っていたようです。

そして明日、
がんが、どの程度のものか、どのくらいの範囲で及んでいるのか、
組織を採って調べる、大腸内視鏡検査です。

泣いてもわめいてもしょうがない。
病気をしっかり受け入れて
最良の治療を
主治医とよく相談して決めたいと思う

いずれにしても、明日の検査結果が出るのは
お正月明け。

おなかが痛むようになっているこの頃
明日からのお正月明けまでの期間のことを思うと不安ですが
仕方ありません。

結果が出る日まで余計な心配をせず前向きで行こうと・・・・

先日、天気も穏やかで気分も良かったので
ぽかぽかと背中に太陽を感じながら、
お正月用の寄せ植えつくりを楽しんでみた。

久しぶりの寄せ植えは
要領も、寄せ植えの感も、すっかり忘れていて思うように作れない。
気に入らないけれど
まっ!いいか!と久しぶりの土の感触を楽しんだ。

Img_9310


Img_9309
           皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

体の調子が・・・・

今日も小春日和の日

先月11月奈良旅行から帰って以来
体の具合がいまいちの日が続いている

昨日は一日何ともなく
今日からはやっと運動に行けるかな…という思いは
見事外れ、昨夜ひどい寝汗、明け方熱は36,9、
朝からこれだとだんだん高くなるかなと
朝起きると、なんだか頭が重い、それと背中が痛い。
胸全体に圧迫感も感じ、いつもの医大へ診察に行くことにした。

予約外で紹介状がないと、
診察費以外に5400円かかるのですが、いかがしましょうか…と受付。

いかがしましょうかって、具合が悪いから来院しているのであって

それにしても
何時からこんな費用が掛かるようになったのでしょう。
そしてこれは何のためのお金額なのでしょうか。

まあ、3時間は待つことを覚悟して、本をもって
スマホを抱え、名前を呼ばれるのを待っていた。

すると目の前に一人の婦人が…一瞬わからなかったが
ああ、昔、いつもゴルフを一緒にラウンドしていた彼女、でした。
ジャガーを乗ってかっこよく、ゴルフ上手で、
お洒落さんで羨望の方でした。

私は大きなマスクをしていたが
すぐわかったと。

聞くと彼女腎臓を悪くなさって、
来週からここで透析をなさるとか・・

今ゴルフができないことが悲しくて…と語っていた
ゴルフ好きである彼女にはどんなにつらいことでしょうと
お気持ちよくわかるので、思いやられました。

私はたくさんの血液検査(8本とる)をして
胸のレントゲン2枚撮った。
血液の結果は来週まで結果待ちであったが
胸は、3月にはなかった影が、映っているとのこと
明日呼吸器系内科で再度検査となった。

いったいこの影は何なんだろう。
気にかかる。
風邪の症状がないままに、夕方になると出る微熱はこの影のため?
ドクターは検査結果を見てみないとわからないというし・・・

なんともなければいいのだが。

一週間後の検査結果を、待ちます。

ますます色づいている
カシワバアジサイの葉

Img_9279

陽ざしの中で
ゆらゆらと揺れて咲いているImg_9289


Img_9283

セージが元気です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日と一転、鉛色の空の一日

寒い寒い今日、どんよりとした鉛色の空からは
今にも白いものが落ちてきそうな、そんな一日でした。
北国は今日も、雪がふっているだろうな~・・・・。

昨日から熱はほとんど、出なくなり、
食事もだんだん食べる意欲が出ている。
それでも、もう一日大人しくしていようと、家にこもっていた私です。

12月に入って、もう一週間が過ぎています。

12月になると師(お坊さん)も走り回るから”師走”とよく言いますが
これはこじつけられた俗説のようです。

師走という漢字は当て字で
万葉の時代から12月と書いて”しはす”と読ませていたそうです。
語源は様々あって、
”し”は仕事、為すこと 年
”はす”の方はほとんど、果つると解釈していたようです。

走るにしても果つるにしても、
あわただしいことには変わりありませんね。

12月の異称に年満月というのがあります。
年が終わるのではなく、
様々な思いで一年が満ちてゆく・・・・・私はそう思っているのですが

皆さまがこの一年の締めくくりの月を満ち足りた思いで、
過ごせますように・・・・・・。

今庭には
真っ赤に紅葉している満天星つつじや
ブルーベリーの葉
春よりも小ぶりではあるが、
ピンクや赤の濃い色合いで,薔薇も咲いている。

今の庭の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も素晴らしい青空

一度平熱になった熱が
日曜夜よりぶりかえし、体温計が手離せない毎日です。

予定していた、うかい亭での明日の忘年会も
熱が下がった今朝ですが
後日にと変更してくださる友達の気づかい。
朝出かける夫からは、今日もう一日
くれぐれもゆっくりとするようにと言いいながら
出かけていく後ろ姿に頭を下げて
皆に気づかいさせている私です。

今朝はやっと、平熱で目が覚め
この青空のように、気分はすっきりと、
気持ちの良い朝を迎えられたものの
また熱は大丈夫かと、びくびくしながら、
いまだに体温計を話せない私です。

今週いっぱいはゆっくり体を休めようと
暖かな日差しいっぱいに差し込むリビングで
ゴロンと横になってはスマホをいじっている。
大人のおもちゃであるパソコンやスマホが
こんなにも退屈をしのがせてくれるとは・・・・

普段ご無沙汰している友だちへ
手当たり次第にメールしたり(相手は迷惑かな)して。

そして、今日は早12月6日、
いろいろやることが多々あるな~と、
体を休めていても気持ちが・・・・・。

先日大きな満月を観ましたか?
今年最大の満月だったそうです
最少は6月9日だったそうです。
次回の満月は来年1月の2日
これも大きな満月が見られるようです。

季節は明日から“大雪”となります。

木の葉が散り終えて雪が本格的に降りだす真冬を迎えるのですが
こちらはまだ常緑樹の青さが目立ちます。

人々は冬でも青々とした葉が茂っている姿に
神が宿ると信じ、
榊やしきみなどのが神事や仏事に使われていますね。

お正月に門松が飾られるのも、
また神社・仏閣には必ず常緑樹が植えられ
鎮守の森として私たちを見守っているのですね。

暖かな日差しの中に
庭のピンクのアイスバーグが美しく咲いています。

Img_9225


Img_9214

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«小春日和に