« 室堂平から弥陀ヶ原までトレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原への道 »

オリンピックの祭典・・・一方

Img_3293_2 やったね!!北島康介くん!

日本列島を感動の渦に巻き込んでくれました。

あ・り・が・と・う!!。

Img_3292_2 表彰台での康介君、

いい顔をしています。

美人ぞろい期待のバトミントン、オグシオ組は惜しくも敗退、残念でした。!

オリンピックにおされて影が薄い高校野球も熱戦を繰り広げています。

暑い日本列島、今、暑いスポーツに沸いています。

幸せな国、日本です。

Img_3294 一方、新聞には対照的に、

グルジア紛争のことが報道されています。

黒海に面したグルジアと、ソ連時代まで一帯を支配していたロシアとの武力衝突です。多数の犠牲者も出ている様子、またか!という思いです。

ひとつの国の中に独立を目指す自治省や共和国があるのです。

日本の埼玉県ほどの領地に大統領までいるのです。

島国に住んでいるわれわれには、考えも及びません。

グルジアの自治省や共和国には共にロシア軍が常駐し独立状態であったのです。

そこへ、グルジアが進攻し、ロシア軍との戦いになったようです。

どうしてこういうことになるのでしょう。

むずかしい国際情勢はわかりませんが、

武力でなく対話で平和的な解決ができないのでしょうか。

そしてまた、オリンピックの開催地の中国の新彊ウイグル地区でも、

五輪便乗のテロが相次いでいます。

オリンピック開催日には、ロシアもグルジアも楽しそうに入場行進していた姿がありました。

素晴しいメインスタジアム”鳥の巣”それはひとつの世界、ひとつの夢を演出している。

しかし一歩足を踏み出れば、現実の世界は生々しい。

グルジア大統領は、戦時状態を宣言したとか・・・・。

大きな戦いにならなければいいのだけれど・・・。

華やかなオリンピックの祭典の影に、こんな戦いが起きているのです。

|

« 室堂平から弥陀ヶ原までトレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原への道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニュースで戦車なんかを見ると、これって今?!と思ってしまいます。
日本の街中に戦車なんかあったら大変です。
こういう戦いをしている国を見ると、遅れていると感じます。
武力で何が出来るというんでしょうね。
オリンピックでメダル争いを観戦していられる日本人は幸せですね。
それにしても悲喜こもごものオリンピック、今日も1日見てましたv(^^)v←平和の代表

投稿: パーリーブルー | 2008年8月12日 (火) 22時20分

グルジア紛争、停戦が合意したとの報道です。
何かほっとしました。
でも未だ、ロシア軍の戦車が街中を徘徊しているとの事、恐ろしい光景です。

毎日オリンピックのテレビに釘付け、寝不足のこの頃です。
テレビの前で応援できる幸せをかみしめなくてはね。

投稿: にりんそう | 2008年8月13日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/42143488

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの祭典・・・一方:

« 室堂平から弥陀ヶ原までトレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原への道 »