« 秋へと季節は・・・ | トップページ | ルリマツリの花 »

イヌホウズキとヒヨドリジョウゴの花

藪蚊の襲来も少なくなり、二日続きで庭の手入れを終えました。

密集しすぎて、ジャングル化もいいところ、

ここはバッサ、バッサと手加減なしで切りました。

やっと土もみえはじめて、なんとさっぱりしたことか。

胸につかえていたものが取れたように、ほっとしました。

草取りの途中で、小さな小さな花を咲かしている雑草を見つけました。

もしかしたらこれは、先日、ネットで調べたばかりの

”イヌホウズキ”という花ではないかしら・・・・。

そうです。危うく抜いてしまうところでした。

知ったばかりの花が我が家にも咲いていたのです。

Img_4434

二日前のブログに、散歩途中で見かけた花の名がわからなく、”イヌホウズキ”ではないかと教えていただいたのです。

ネットで調べたものと見比べてみました。

Img_4438

まさしく、これはイヌホウズキでした。

なんだか、感動でした。

教えていただいたばかりの花が、庭に咲いていたなんて・・・。

Img_4440

実もこのようについています。

Img_4455

ところで、散歩の途中に見た花、

がこちらなのです。

Img_4451

イヌホウズキとよく似ていますが、

やはり違うかな・・・・。

第一、しべが出ているところの色が黄色ではありません。

Img_4456

でも、咲き方といい花の形といい

そっくりなのですね。

Img_4449

此花、見れば見るほど花の咲き方が

いまいちわからないです。

蕾が割れて、花びらが下までいったん下がるのですね。

そして、ひらいて再びあがる?

Img_4458

光沢のある実です。

イヌホウズキの実は

光沢がないと書いてありました。

この花、調べていくと、”ヒヨドリジョウゴ”と名の付いた花とわかりました。

イヌホウズキと同じなす科植物で、花の姿かたちがそっくりで、

夏から秋にかけて野山に咲く。

同じような実は、秋になると真っ赤に熟し、その様は小さなほうずきのようだそうです。

熟した実は、ヒヨドリが大変好んで食べることから、ヒヨドリジョウゴと名づけたのだそうです。

一方、イヌホウズキは実が熟しても赤くならず、鳥たちの役にもたたず、

野の花として、イヌの名が付くのもやむなし・・・・と書いてあります。

野の花に、”イヌ”と名がつくのは何も役に立たないという意味があるそうなのです。

散歩途中で見つけた花、名前もわかり、すっきりとしました。

イヌホウズキ、全草に毒があるという。

たくさんに蔓延らないうちに根こそぎ抜き去るとしましょう。

|

« 秋へと季節は・・・ | トップページ | ルリマツリの花 »

」カテゴリの記事

コメント

そうだったんですね~!
ここまで調べるなんて、お花好きのにりんそうさんらしいです(*^-^)
見てるだけなら毒があってもいいけど、蔓延ったらやっぱりイヤですね。
私も台風が去ったら庭仕事がいっぱいたまってます。
例の種まきもあるし(;´Д`A ```

投稿: パーリーブルー | 2008年9月28日 (日) 23時15分

イヌホウズキとヒヨドリジョウゴ、、
野の花が二つも名前がわかってよかったですね。
こうして覚えた野の花は、絶対に忘れませんね。

投稿: ナベショー | 2008年9月29日 (月) 00時12分

パーリーさん、おはよう。
台風はいかがですか?
今頃強風の真っ只中でしょうか。
こちらも今朝は台風の影響が出ています。
前回(13号)と同じようなコースの15号ですね。

なんというか、何が何でも花の名前が知りたくて・・・。つい調べました。
庭に咲いていたイヌホウズキ、
たくさんの種類があるんですよ。
たとえば、アメリカ、かんざし、テリミノ、オオ・・・など。
このあとにホウズキが付きます。
皆毒があるのですって。

投稿: にりんそう | 2008年9月29日 (月) 08時21分

ナベショー様、おはようございます。

ナベショー様に教えていただいた
イヌホウズキという名前から調べて、
ヒヨドリジョウゴがわかりました。
ありがとうございました。
始めて知った名前、
忘れずに頭に残ることでしょう。
散歩をすることが楽しみになっています。

投稿: にりんそう | 2008年9月29日 (月) 08時25分

にりんそうさん、胸のつかえを降ろされてよかったですね~。私、夏中胸がつかえたまま、今もつかえたままです~。早くすっきりしたい! でも、天気が悪い、他に気になることがある......全部いい訳かな。とほほ。

園芸花も覚えきれないほど種類がありますが、野の花ともなるとこれまたすごい種類ですよね。一目見て「これは○○」と言えるようになりたいと思いながら、なかなかです。

投稿: taku | 2008年9月30日 (火) 08時49分

taku様、コメントレス遅くなってごめんなさい。

何をそんなに胸に詰まらせているの(笑)?
オッと!ごめんなさい。
みなそれぞれ抱えていることありますよね。
ノー天気なのは私だけかな?

山の花もそうですが、野の花となると、本当に覚えられませんね。

でも今回は何回も見にいって、肌で覚えました。もう忘れないでしょう・・・・?

投稿: にりんそう | 2008年10月 1日 (水) 18時36分

やだもう、にりんそうさんったら~。私の胸のつかえは庭の手入れをしないでほっぽらかしているからでございますわよ~。
にりんそうさんが、「二日続きで庭の手入れを終えました。(略)胸につかえていたものが取れたように、ほっとしました」と書いていらしたからですわよ~。
笑ってしまいました。おっと、失礼。でも、ご心配いただいたということですよね。にりんそうさんはお優しいお姉さまですね。

投稿: taku | 2008年10月 1日 (水) 18時49分


taku様、おはよう。

もう、自分で書いたことをすぐに忘れてしまう私よ。
早とちりは年を取った証拠かしら?
あァ~、嘆かわしいことでございます(笑)。

今日は素晴しい秋晴れですね。
一日どのように過ごそうかな~。

投稿: にりんそう | 2008年10月 2日 (木) 07時46分

こんばんは。
今日は久々の秋晴れ、にりんそうさんにならって私も庭の手入れを久々にし、少しだけ胸のつかえをおろしました(あは、私もしつこいですね。許してね~)。

草取りや枝の剪定に終始しましたが、それでも秋空の下、汗を流すのはやはり気持ちよいですね。

投稿: taku | 2008年10月 2日 (木) 23時05分

おはようさん、takuさま

そうでしょう、そうでしょう。
労働した汗(ちょっとオーバー)は、
とっても気持ちのいいものですよね。
そして、庭がすっきりすることは
本当にほっとしますよね。
庭はちょっと手を加えると
見違えるようになり、
きちんと応えてくれますね。
私も昨日はよく働きました。
フル回転でした。
この秋の好天を有効に使おうと、
なりふり構わず働きましたよ。
家中の掃除洗濯、
ベランダは洗濯物の花盛り。
その上寝具の衣替えです。
いままで使っていた寝具を
すべて干したり洗ったり、
これから使う寝具も、
太陽にたくさん当てて・・・・・。
あァ~、疲れました!
夜は太陽のにおいいっぱいのお布団でしあわせな気分。
気持ちよく、いつの間にか、
すやすやすや・・・・・の私でした。

投稿: にりんそう | 2008年10月 3日 (金) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/42618058

この記事へのトラックバック一覧です: イヌホウズキとヒヨドリジョウゴの花:

« 秋へと季節は・・・ | トップページ | ルリマツリの花 »