« 一陽来復 | トップページ | 寒い日が続いて・・・。 »

冬萌え

陽射しいっぱいに降り注ぐ朝です。

屋根の上、いまだに残っている雪の白さが、まぶしい。

ふるさと、島根に同窓会に行っていた夫、
しみじみと、太陽の恵みはありがたいね~・・・と。

陽射しは暖か、それでも空気は刺すようなつめたさ。

枯れ木になっている幹や枝、
目を凝らしてみると、もう新芽がわずかに萌えだして・・・・・。

Img_9289

            冬に草の芽や木の芽がわずかに萌えだしていることを
            冬萌えと呼ぶそうです。
            落葉樹は、葉を落とした後は
            次の準備をして冬を越すのだそうです。
            まるで動物の冬眠のように。

            寒い日が続き、固く縮こまってばかりいたけれど、
            心にすこしづつ冬萌えがのぞき始めている私です。

             今日は、すこし庭の手入でもしようかな。

Img_9288    

                ”梅一輪、いちりんほどの暖かさ”

             たった一輪だけ咲いていました、我が家の梅。
             あまりにこの句の通りに心が躍りました。

Img_9290 

        そして今日もまた好きなばら、アイスバーグが一輪咲いていました。

|

« 一陽来復 | トップページ | 寒い日が続いて・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

立春とはいえ、まだまだ晴れてても風は冷たいですね。
裏日本の山陰地方の冬、、いつも曇天で、重く、冷たく、、、、冷たくとも日が照ってるって有りがたいことです。
寒くとも、木々の蕾は着実に膨らんで着ましたね。

投稿: ナベショー | 2010年2月 5日 (金) 14時15分

日本は広い(長い?)ですね。
こちらは暑いくらいです。
夕食の時などエアコンをドライにしてかけてましたヨ。^^
「ゆるかわ本」の成果?!っていうくらいいい写真ですね!
梅一輪、一輪ごとの・・って覚えてる人も多いのだそうですね。
意味が全然違ってきますね。
季節を感じられる花木があっていいなぁ。

投稿: パーリーブルー | 2010年2月 5日 (金) 23時56分

ナベショーさま、おはようございます。
冷たく、寒い日が続いています。
それでも、
さんさんと降り注ぐ太陽の恵みに感謝です。
まだ義理の両親たちがお元気だった頃、
お正月は、必ず、島根で過ごすため、
帰省していました。
重い雲が覆う空、霙交じりの雨が降って・・・。
冬は暗くて冷たい思い出のみの島根の田舎です。
おこたに入ったら、もう動く気しませんでしたね~。

投稿: にりんそう | 2010年2月 6日 (土) 08時53分

パーリーさん、おはようございます~。
暑い位ですか・・・いいな~。
北海道のあるところでは、マイナス34、6度にまで・・
ほんと、日本は長いですね。

ゆるかわ本・・愛読してますよ~。
目から鱗みたいに、そうだったのか・・って。
そして早速写したのがこれでした。
お褒め下さってありがとう。
これからも常に側において楽しみます。

投稿: にりんそう | 2010年2月 6日 (土) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/47482531

この記事へのトラックバック一覧です: 冬萌え:

« 一陽来復 | トップページ | 寒い日が続いて・・・。 »