« 遥かな地より病気見舞い。 | トップページ | クリロー、命? »

春告草

春一番も吹き荒れて、
一気に春が来てしまったかのような陽気です。

今、梅の花が満開に咲き誇っています。
街並みを歩いていると、何処からともなく甘酸っぱい、梅の香りが漂って
春、春を心から感じます。

           我が家の庭の梅も満開、真っ青な空に白がまぶしい。

Img_9375

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ(服部嵐雪)

たった一輪、本当に一輪だけ咲いたこの梅に感動し、
この歌がすぐさま頭に浮かび、
一輪の梅を載せたのはつい先だってのこと。

春告鳥は鶯、 春告魚は鰊、 
そして春告草といえば梅のこと、
”好文木”(こうぶんぼく)とも言われ、学問の象徴でもありました。
学問の神様、菅原道真を祭ってある天神様には必ず梅の木がありますね。
また香りもよいので匂草、香栄草(かばえくさ)、とも言われ、
一年でいち早く花を咲かせるので、”花の兄”などとも呼ばれ、
春風を待つので、”風待草”とも言われ・・・・・。
本当にたくさんの異名を持つ梅です。

そのうえ、雪にもよく似合うし、
鶯とは名コンビだし
万葉集には、桜より多く詠まれているそうですよ。

”桜切るばか 梅きらぬばか”といわれるほど、
梅は枝を切れば切るほど、活力を増していくのだそうです。
あのたくましい枝ぶりは、生命力の表れなのですね。

我が家に入っている庭士さん、
梅を切る時、いつもこの言葉言いながらきってます。

梅って、美しいだけでなく、遠い昔から、
私たちに何らかの勇気を与え続けてくれていた花だったのですね。
そして、一輪ごとに春を呼んでくれる花だったのですね。

|

« 遥かな地より病気見舞い。 | トップページ | クリロー、命? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本はもう春ですね、こちらも昨日すばらしいお天気で、残っていた雪がすべてとけたかんじです。日の入りもほんとに長くなりました、6時ごろまで明るいのよ。そして鳥のさえずりも聞こえる、春が近いなぁとほんとにうれしくおもうこのごろです。

投稿: むすめちゃん | 2010年2月26日 (金) 18時52分

むすめちゃん
日ごとに春めいてきているミュンヘンですね。
日差しが明るくなるってことは、
本当にうれしいわね。
また素敵な季節が始るね。
こちらは、このままもう暖かくなるかな~と思いきや
今朝はまた寒い朝に舞い戻って
冷たい雨がふっていますよ~。

感動をもらったオリンピックも終わりだね。

投稿: にりんそう | 2010年2月28日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/47662645

この記事へのトラックバック一覧です: 春告草:

« 遥かな地より病気見舞い。 | トップページ | クリロー、命? »