« 女の戦いは生きること・・・江姫より | トップページ | 鑑賞三昧 »

鏡開きの日に

東京にも本格的な寒さ到来です。
東京日比谷公園の噴水がツララになった画像が放映されていた。
温暖化で、都心でのツララなんて、近年ほとんど見られなかった
忘れられていた現象です。



さて今日は鏡開きの日
鏡とはもちろん鏡餅のことで、丸い形のお餅を鏡にみたてて
神様にお供えしたものです。
また、満月にも通じ、家庭円満の象徴を現すようです。
お供えしたお餅は、割ったり切ったりしていただくのですが、
切るとか割るという言葉は縁起が悪いということで、
開くという言葉が使われるようになったようです。

鏡開き・・・目の前がぱっと開かれて、
明るい光が射すような、そんな響きを持っていますね。

お床の間、神棚にお供えした鏡餅、
我が家も早速開いて、おぜんざいにでもして戴きましょう。
今年はちょっといいことがありそうな我が家です。
幸運を運んでください。

また、今日11日は、本当は手の手術(手根管症候群)の日であった。

先月、手術に先駆けて、
右手を全然使えない疑似体験を、
半日ほどしてみた。
一人では、全く生活できないことを身をもって体験し、
一ヶ月近くもこういう生活は到底出来ないと、
診察日にドクターに相談をしてみた。
幸いなことに、薬が効いているのか、
前よりしびれもあまり感じなく、痛みもない。
多少不便なことは当ても、ふつうの生活には支障ない今の状態
どうしても手術が必要なのでしょうか。
ドクターは同じような状態の方で手術を受けない人もいらっしゃるので
もう少し様子を見ましょうかということで承諾してくださった。

こういういきさつで、手術はしないことととなったのですが、
いつかはしなくてはならないのか、
はたまたせずに済むのかわかりませんが、
内心、ほっとしたような、心配でもあり、
複雑なこころうちの私です。

この寒空に、ローズマリーが、
春のような勢いはないけれど
かわいらしい花を咲かせている。

Img_8885

そしてなぜかいまだに紅葉のまま
葉が落ちない、ブルーベリーの木。

Img_8882

|

« 女の戦いは生きること・・・江姫より | トップページ | 鑑賞三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか、でも痛みがないなら敢えて手術する気になれませんよね。
このまま自然治癒すればいいんですけど・・。
いい事ありそうな?!^^
おめでたいことかな~?!
ご報告をお待ちしています。
今日も寒い!おぜんざい、ウチも食べようかな?!
鏡餅は省略なので、普通のお餅で。^^;

投稿: パーリーブルー | 2011年1月11日 (火) 11時40分

にりんそうさん、ご無沙汰しています。
フタバです。
今更ですが、本年もどうぞよろしくお願いします。
身体の何処かが痛いって、しんどいですよね。昔よくおばあちゃんが、嬉しいや楽しいは他の人にも分けられるし、痒いのも手伝ってあげられるけど、痛いのだけは、分けられないし手伝えない、と言っていました。
にりんそうさんの手もこのまま、穏やかに過ごせるといいですね。
それにしても、いつもお庭がキレイで、お花が沢山で素敵ですね。
また、ちょくちょくコメントしに来ます!

投稿: フタバです♪ | 2011年1月11日 (火) 14時58分

パーリーさん、こんにちわ。
そうなんです。
今別に痛くもないし、不便さはさほど感じなく生活できているし・・・。
そう思って相談してみました。
内心ほっとしたような、また変な気持ちに。
この病気、ホルモンの関係で突発的に起こる
突発性の症候群と
私みたいに他の病気から来るのとがあり、
突発性は、治る人もいるようですが、
私はダメみたいですよ。

いいこと、きちんと決まりましたら、
お知らせいたしますね。

投稿: にりんそう | 2011年1月12日 (水) 16時27分

フタバ様、おそまきながら、おめでとうございます。
こちらこそご無沙汰しています。
今日はコメントありがとうございました。
また身体にまでお気遣いしてくださってすみません。
あまり手を酷使すると起きる病気です。
そしてホルモンのアンバランスからも若いかたに多い病気です。
私は、今のところふつうの生活をしています~。

今年も、フタバ様の素敵なほのぼのとしたブログ
そして、若いかたの目線から見ている社会の様子など
興味深げに拝見させて戴きますね。

投稿: にりんそう | 2011年1月12日 (水) 16時35分

にりんそう様
おはようございます。
そうでかね、気になることです。与えられて様子見期間を前向きにとらえ『気が直して呉れる』を信じより前向きに行動されること、忘れる事も治療かも。又

投稿: みどり | 2011年1月13日 (木) 10時36分

みどりさま、
温かなお言葉ありがとう。
本当は思い切って手術すればいいんでしょうが、
今のふつうにできている生活を
わざわざ不便な生活をすることに
耐えられないような。
手術しても直るかというと
そうでもないようなんですね。
それだったら気をつけながら、今のままでいようと。
自由な生活に慣れきっている今の状況を
感謝しなければいけませんね。

投稿: にりんそう | 2011年1月14日 (金) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/50547409

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡開きの日に:

« 女の戦いは生きること・・・江姫より | トップページ | 鑑賞三昧 »