« デジブックデビュー | トップページ | 明るい春は・・・。 »

大地震から一週間が過ぎ・・・・・

未曾有の大地震から一週間が過ぎ、
街はまた、いつもの生活が戻り始めてきました。

地域別停電もすこしづつなくなり、
電車は終日運行し始めたし、
人数制限で入ったスーパーも、並ぶこともなくなったし
(相変わらず品薄の陳列ケースは目立っているけれど。)

活気をがでてきて、うれしいです・・・・が、
被災地のかたがたのことを考えると
まだまだ心から喜べません。

また原発もまだまだ予断を許さない状況。
携わっている方々のご苦労を思うと、
何とか早く収束できる事を祈るばかりです。

地震の起きる10日前に日本に帰っていた娘が
すっかり地震恐怖症になってしまって、
以来、頻繁に起きる余震、
その上とてつもない不安にあおられた原発などで、
今日、急遽ドイツへ帰ることに。
しかも利用のルフト・ハンザ航空、
成田発着を関空のみの飛行。
大きな荷物を抱えて、
羽田から、関空へとあわただしく飛んでいってしまった。

来日して直ぐに、彼女のリクエストで山中湖へ行った。

素晴しい富士山を見ながら、
温泉三昧で過ごせたことが出来ただけでもよかったか。

ホテルから見る目覚めの富士山。
美しく、神々しかった。Img_2171

Img_2172

朝食後、庭に出て遊ぶ。
ホテルの庭は雪で真っ白。Img_2175

庭のガセボから見る富士山Img_2176

山中湖畔より見るホテルImg_2185

湖で泳いでいる白鳥が、寄ってきた。
なんと人間慣れしていることか。Img_2187

|

« デジブックデビュー | トップページ | 明るい春は・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドイツの娘さん、、大変なお里帰りになってしまいましたね。
救援のための道路網も次第に回復、海、空からの救援物質の運搬、、今週はさらに強化されることでしょう。
とにかく原発事故が最悪の危機から脱したようで、少し気持ちが楽になりました。
現地で必死の作業をしておられる人々に頭が下がります。

投稿: ナベショー | 2011年3月20日 (日) 16時37分

こんばんは。
ご無沙汰してしまいました。
民生の用事などで忙しくて失礼しました。
娘ちゃん帰国なされもうドイツへ戻られたとか。
寂しくなっちゃいましたね。
このたびの大地震凄かったですね。
被災地の皆様気の毒でなりません。
ニリンソウさん被害ありませんでしたか?
私の家では灯篭が1つ倒れまして室内では神棚や床の間から飾り物が落ちました。
地震発生した折は夫婦で地元の歴史散歩の会で軽井沢近くまで出かけておりました。
計画停電においては時間をみて家事をすすめています。
今、一番困るのはガソリンが不足している事です。
スタンドは行列で並んでいても目の前で品切れですと言われたりしてあちこちスタンド回りして結局だめだった日もありでした。
主人は先日1時間半並んでやっと満タンにする事が出来安心しました。 私の車はまだ半分あるのでそのうちにと考えていますが、ガソリン入れるのにこんな大変な思いするのって初めてです。
それにしても被災者の方々の苦労を思うとこの位たいしたことありません。
被災者の方々のご健康お祈りしています。

投稿: テンノアヤ | 2011年3月20日 (日) 22時56分

ナベショー様、おはようございます。
大変な地震から、10日も過ぎ、ヤット少しですが
余震の揺れも感じなくなってきましたね。
静岡は大地震の後にも、大きな地震で、恐怖を感じたのではありませんか?
私も、いよいよ東海沖地震か・・・ととっさに思ってしまいました。
お玄関には、非常用品を入れたザック、
そして大事なものを入れたバッグは直ぐ側に
置くようにと用意してくれた娘は
あわただしく帰っていってしまいました。
非常時に備えての心の準備を常にしておかなくては・・・と今は心しています。

投稿: にりんそう | 2011年3月21日 (月) 09時22分

テンノアヤさま
ご無事で何よりでした。
私も元気ですよ~。

娘は地震、そして原発の怖さに
早々に帰っていってしまいました。

少しづつですが、町にも人が増えて
いつもの生活になってきた感じです。
ガソリン、そうですね、
アヤさんのところは車がないと、たいへんですよね。
私も車に頼り切っての生活ですが、あのガソリンを入れる渋滞は嫌なので、しばらく歩くことに。
もう少ししたら、このような事態も緩和されるでしょう。

平和な生活に慣れきっていた警鐘であるかも知れません。
そう受け止めて、これから身を引き締めて行かなければ・・・ね。

投稿: にりんそう | 2011年3月21日 (月) 09時32分

昨夜無事にミュンヘンに着きました。羽田、関空、ソウルを乗り継いでの24時間の旅はとてつもなくつかれました。上空でもかなりの乱気流で、地震のようにぐらぐらゆれまくってました。いまでも地震酔いがおさまってないし、iPhoneには''ゆれくる’’の地震警告がミュンヘンにまでまだはいってきます。
ほんとうは計画通り日本にいたかったけど、フランス政府、ドイツ政府があのように動き出してしまうと、状況がもし悪くなった時に、欧州に帰れなくなってしまうことを考えると今回の決断はしょうがなかった…‥。お婿ちゃんやミュンヘンの友達、アイルランドのお婿ちゃん家族も毎日のように心配して電話やメッセージをくれていたし。海外メディアは少し大げさすぎるけど、何もなければ何もなかったで、よかったねですまされるからね。
こんな状況だからどんなときも「想定外のことを想定して」ママとパパも余震には十分きをつけて、生活してください。原発よりも余震のほうが、少し怖いからね。エレベーターは絶対にのっちゃだめよ。

投稿: むすめちゃん | 2011年3月21日 (月) 19時53分

娘ちゃん、
いつもの倍の時間をかけての飛行、
大変だったね。
それでも無事についてほっとしています。
あなたもほっとしているでしょう。
トッティーは優しくむかえてくれた?
忘れていなかった?

想定外のことを想定して、
エレベーターは、乗っていませんよ~。

このところ収まっていた大きなゆれが、
今日はまた2回ほど着ました。
震源地は千葉ですって。
まだまだ油断が出来ない毎日です。

投稿: にりんそう | 2011年3月22日 (火) 17時06分

原発の影響で野菜が危険だとニュースで報道され農家の皆様間接的に地震の被害を受けて気の毒ですね。
今朝も余震がありびっくりしました。
娘ちゃんドイツへ帰るの大変でしたね。
無事、到着されホットしましたね。
本当に日本では平和な生活が出来、お金を払えば手に入るという時世・・・つけが来たのでしょうか?
資源を大切にしなければ、物を大事にしなければと日頃の生活を省みて慎ましく過ごさなければと感じています。
今日も夕方から計画停電があります。
私用で出かける所がありましたがキャンセルしました。
息子一家が住んでいるスコットランドからもお見舞いの電話やメールがきました。
海外でもこの大地震のニュースでいっぱいだそうです。

投稿: テンノアヤ | 2011年3月23日 (水) 13時57分

テンノアヤさま

地震から丸2週間たちましたね。
まだまだ大きな余震に心落ち着きません。
原発に関しても、節電から始って、
お野菜、乳牛、そして水
次から次へと大変なことになっています。
生産者の方々には、死活問題ですね。
なんていってよいのか、言葉がありません。
これから先少しでも目先が明るくなることを
期待しましょう。

投稿: にりんそう | 2011年3月24日 (木) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/51163401

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震から一週間が過ぎ・・・・・:

« デジブックデビュー | トップページ | 明るい春は・・・。 »