« クリスマスローズが今盛り | トップページ | ショパン 愛と哀しみの旋律 »

東雲

大地震以来、体がおかしくなっていた。
何をする気力もなく、出かける気にもなれなくなって。

久し振りに春の陽気になった今日、
天地いっぱいに降り注ぐ陽射しに、ホッと、安堵の気持ちが広がって、
気温も今までの真冬なみから、春の暖かさとなり、
体が本来の機能を取り戻し始めたかのよう。

久し振りに、家中を開け放ち、掃除、洗濯・・・と、
幸せを感じながら身体を動かしている。

ほったらかしだった庭の花々とも、ゆっくりと向き合うのも久し振り。
少しだけれど、心のゆとりも戻ってきたかのよう。

美人の日本語の本を開いてみた。

今日の言葉は”東雲”
日本の夜明けの表情のことが書き記してあった。

日本の夜明けの表情はとっても豊かである。
まず、暁。
昔は夜明け直前のまだ暗いころのことを暁といった。
そして東雲。
東の空に明るさがわずかに動く頃のこと。
しだいに明けゆく空は曙。
やがて、ほのかに明るくなった空を朝ぼらけ。
朝(あした)で、すっかり夜が明ける。

突然、災害や災難に襲われ、真っ暗な闇の中に、突き落とされた思い。
でも、信じてください。きっと、東雲の光が差し込む日がきます。
いつまでもこの闇が続くのかと思ってしまうかもしれませんが、
必ず、夜明けは来るのです。
                               美人の日本語から

このように書かれている3月29日の言葉。
今の日本の状況に当てはまる偶然さに、不思議な思いで読みました。

チューリップの蕾がうっすらと色づいていました。

Img_2254



今まさに旬の季節(とき)、今日もまた、クリスマスローズを。

がんばって!と、やさしく微笑んでいるかのようです。
Img_2275

|

« クリスマスローズが今盛り | トップページ | ショパン 愛と哀しみの旋律 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

3月も明日で終り希望が沢山の4月に入ります。
でも、地震、原発と大きな事件があって被災地の皆さんの事考えると気の毒でなりません。
浦安や香取市では液状化で悩まされているとか・・。
ニリンソウさんのおっしゃるようにいつか夜明けがくるのですね。
雨後晴れ・・・トンネルを抜けると明るい景色が広がっていきます。
日本は今落ち込んでいますが、いつか見事に立ち上がる事でしょう。

投稿: テンノアヤ | 2011年3月30日 (水) 18時43分

テンノアヤさま、こんばんわ。
悲しい月でした3月も、もう終わりますね。
嫌なことは過ぎ去って、
またふつうの生活の持てる日が
一日でも早く訪れること、願うばかりです。

テレビをつければ、重いニュースばかりに、
被災者の方々には申しわけないのですが、
毎日が暗い思いでいました。

このところの暖かさに
日一日と春色に染まっていく街並みに
ヤット、心の余裕も出てきた感じがします。

投稿: にりんそう | 2011年3月30日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/51246457

この記事へのトラックバック一覧です: 東雲:

« クリスマスローズが今盛り | トップページ | ショパン 愛と哀しみの旋律 »