« モーリス・ドニ展 | トップページ | 届けられた金糸瓜 »

早朝の新宿御苑

新宿に用事のあった先週の日曜日、少し早く家をでて
久し振りの御苑に寄ってみた。

朝の早い時間の御苑は、人気もなく静かさに包まれていた。
深緑の木々の中に入ると、ひんやりとして、気持ちがいい。
木々の中をでて、広い芝生を、独り占めした気分でゆっくりと歩く。

色鮮やかなけいとうの花が目に付く。
Img_2966

大すきな御苑のシンボルツリー、ユリノキの下で
若い女性たちが、
まるで、自然と一体化しているかのようにテラピスを愉しんでいた。
さぞかし、体の隅々にまでが浄化されることでしょう。
Img_2972

フランス式庭園、プラタナスの並木道、
あたかも、フランスにでも居る気分で歩いていると
Img_2974

プラタナスの太い幹元がピンクに染まっている。
近づいてみたら
かわいらしい花がたくさんに幹を埋めていた。
Img_2976

淡いピンクを敷き詰めているのは、何の花?

”ツルボ” (蔓穂)という花らしい。
始めて見た花、始めて知った名前。

アップしてみると、
Img_2978

可憐な花は、もっと小さな花の集まりで出来ていて
そのまた小さな花の一つは6弁からなっていました。

Img_2980

Img_2984

Img_2987 

残暑の厳しい今、百日紅の元気に咲く姿以外
深い木々の緑に包まれているだけの御苑でしたが、
ツルボという花にめぐり合えただけでも幸運でした。

最後にここは日本庭園の池。
春には、ソメイヨシノに先駆けて見事なしだれ桜でにぎわう。
今は、都心のビルだけを静かに映して、ひっそりと佇んでいた。

Img_2989_2

いつ行っても思いがけない花にめぐり合うことの出来る御苑。
その魅力に、無性に行きたくなる思いに駆られる。
また涼しくなったら秋を求めて訪れてみよう。

ジョギングする人やウオーキングを愉しむ人とすれ違うのを
横目にしながら、出口へと向った。

|

« モーリス・ドニ展 | トップページ | 届けられた金糸瓜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ツルボ、、うちにも数本がそっと咲いてました。
ヤブランでもないし、何と言う花かな、、って思ってたところでした。
しかし、このツルボの絨毯、、半端じゃないですね。
大きな木々の下のツルボのピンク、、美しい光景です。

投稿: ナベショー | 2011年9月20日 (火) 08時37分

おはようございます。
昨日散歩をしていたら、
よそ様の家の石垣に、
ちらほらと咲いているツルボを見つけました。
多分今までも見ていたのに、
素通りしていたのかもしれませんね。
ナベショー様の家も、見かけた家も、
将来、あのように群生した光景になるかもしれませんね。

投稿: にりんそう | 2011年9月20日 (火) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/52742969

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の新宿御苑:

« モーリス・ドニ展 | トップページ | 届けられた金糸瓜 »