« 早朝の新宿御苑 | トップページ | 台風は残していった。 »

届けられた金糸瓜

いつもお野菜を送ってくれる広島の友から、
新米と栗が収穫できたので送ってくださると、うれしい連絡が入り、
大すきな栗ご飯を作ろうと心待ちしていた。
届いた荷物を開けてびっくり、
なんと、新鮮なお野菜までもたっぷりと入っていて、
主婦にとってはこの上ないうれしいお届け物でした。

そのお野菜の中に、始めてお目にかかるこんなものが入っていた。

Img_3052

お届け物のお礼方々、問い合わせてみると
”そうめん瓜” または”金糸瓜” というのだそうだ。

こちらでは今まで見かけたことなかった私ですが・・・・・・。

早速ネットで検索し調理をしてみた。

まず、両端をカットして、厚さ5センチくらいの輪切りにする。
Img_3058_2

Img_3059

種の部分は3部屋に分かれていて、
切った面は、まるで年輪のようにぐるっと身がついている。
Img_3060

種を取り除くと、身の部分が麺のようになっている。
Img_3061

たっぷりと水を入れて、落し蓋をしてゆでます。
Img_3062

思っていたよりも早く茹であがる。
熱いうちに身をほぐす。
ほぐすと、その名のとおり、金の糸のように細く、
つるつると食べるそうめんのようでもあり
ラーメンの麺のようでもある。
気持ちよく簡単にほぐれて、楽しいくらいです。

一寸食べてみると、
味も癖もなく、しゃきしゃきしてさっぱりしています。

Img_3064

水で洗って、水切りし、さぁ~、これからどのようなメニューにしましょうか。

さっぱりとしているので、ごま油等を使った中華風サラダでも、ゴマ酢あえでも・・・
とにかく癖のないものなので、和洋中、または韓国風、タイ風なんでもありのよう。

我が家は今夜は、一緒に送っていただいた栗で、栗ご飯
そして秋刀魚の塩焼き、
だからさっぱりと、金糸瓜の酢の物でいいかな。わかめやきゅうりをいれて。

台風15号、いよいよ関東接近でしょうか、
外は雨風がすごい。雨も風も、うなっている。

大きな被害がなければいいのだが・・・・・。

|

« 早朝の新宿御苑 | トップページ | 台風は残していった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
流石経験豊富な主婦、調理方法取得されましたね。
明日は秋分の日、快晴のはずです、よろしければ早起きして都会の日の出をブログ記事にして下さい。又

投稿: みどり | 2011年9月22日 (木) 03時56分

大暴れした台風は
あっという間に去っていきました。
我が家では木が3本倒れました。
後処理が大変です。
一ヶ月ほど前にいつもの造園屋さんに
手入お願いしていたのに、
いまだ来ていなかったため、
葉の繁りに重さが耐えられなかったのでしょう。
明日、朝ドラのおひさまの地、
安曇野へ行きます。
早起きして、朝日が見られたら載せますね。

投稿: にりんそう | 2011年9月22日 (木) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/52789438

この記事へのトラックバック一覧です: 届けられた金糸瓜:

« 早朝の新宿御苑 | トップページ | 台風は残していった。 »