« 届けられた金糸瓜 | トップページ | 信州安曇野でウォーキング »

台風は残していった。

都心を大暴れした台風15号は
あっという間に駆け抜けていきました。

久し振りの都心直撃に、交通機関はマヒ状態、
通勤客で混雑しているなじみの駅が終始テレビで映し出されていた。


この台風、我が家にも置き土産を残してくれました。

多い繁った葉の重さに耐えられなかった木が3本倒れ掛かったり
(クレスタという木2本と、ブラッシ・ツリー。)

園芸道具の収納キャビネットも、見事に倒されて道をふさいでしまったり、

Img_3068

玄関側のルリマツリが
壁の内側になぎ倒されて階段をふさいでしまったり、と。
Img_3070

まだまだ小さな被害が、ところどころにあります。

倒れかかった木(ブラッシ・ツリー)を元に戻そうとしたけれど
そんなに大きな木ではないのに
葉がわっさわっさとしてとっても重く、
Img_3069
私の力ではどうにも動かない。
果てさてどうしたものか・・・・・。

木の重さを、
一人ではどうにも出来ないことを悟り、
夫のいない不便さを痛感した。

庭木の手入をもう少し早くに頼んでいたら
こんなことにはならなかったか・・・・。

実は夫は、昨日の朝早く、大きなゴルフバックを抱えて
始発の成田行きリムジンバスの人となっていたのです。

それでも、台風のことが気になっているらしく
今朝早く現地より電話が入り、
状況を話すやいなや、
長年懇意にしている建築家さん、同じく長年付き合っている造園屋さんにまで
すぐさま連絡を入れてくれた。

すぐさま様子をみにきてくれて、直せるものは直していってくれた。
ありがとうございます。

私の心配もこれでひとまず解消した。

夫も心置きなくゴルフを愉しんでいることでしょう。

まだまだ台風の残していった後片付けが続きます。
散らかった落ち葉や千切れた葉の掃き掃除も待っている。

|

« 届けられた金糸瓜 | トップページ | 信州安曇野でウォーキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

直撃にしては、この程度の被害で済んで幸いですね。
もし、40m以上の暴風雨だったら、あちこちの家の屋根やカーポートが飛び、大きな木々が倒れ、、、
今日あたりは、町中 ブルーシートのモザイク模様になってたでしょう。
以前、広島の工場の時、プラントの上の風速計が59mを記録したことがありました。
海水を含む強風が吹いたので、あちこちの電線に火が走り、塩害のために、海岸からかなり遠いところまで、木々が葉が全部枯れました。

投稿: ナベショー | 2011年9月23日 (金) 12時01分

おはようございます。大変でしたね。そちらは風被害。福島・郡山のAKB67さんに電話入れて見たが家は高台に有り被害は免れたが、大切な畑が冠水と風被害に襲われて、出荷を目の前にした野菜はなぎ倒され、これからの白菜は冠水でこの先どうなることやらと
三月の地震、続く原発事故に起因した風評被害と今回の台風によるトリプル被害で打ちひしがれていましたよ。
関東在住の初穂会の皆、多かれ少なかれ被害が出てると思うと気の毒になります、気力を絞っての立ち上がりを祈るばかりです。

投稿: みどり | 2011年9月24日 (土) 02時23分

ナベショー様
風速59米って・・・想像できません。
先日の台風だけでも、恐怖を感じたのに。
それでも木が3,4本ダメになっただけで
済んで、ほっとしました。
都市災害は怖いですね。
あのように交通は麻痺してしまう。
これで大きな地震でも起きたら、どうなってしまうのでしょうか。
3月11日以来、日本はあちこちで、災害に痛めつけられていますね。
もういい加減に、
日本をいじめないでって言いたいです。

投稿: にりんそう | 2011年9月24日 (土) 17時37分

みどりさま
そうですか・・・AKBさんのところはたいへんですね。
昨日訪れた安曇野の田園も黄金色の稲穂が
倒れている姿をたくさんに見ました。
まるで一時はテレビで話題になった、
ミステリーサークルのようでした。

今のところ、広島はなんの災害もなく穏やかですね。これが平常なのですよね。
もう日本をいじめないで!って叫びたいです。

投稿: にりんそう | 2011年9月24日 (土) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/52797792

この記事へのトラックバック一覧です: 台風は残していった。:

« 届けられた金糸瓜 | トップページ | 信州安曇野でウォーキング »