« 神楽坂をプラプラと | トップページ | 江姫ゆかりの地を散策 »

秋の夜長を・・・。

Img_0731_2 

窓を開けると、
金木犀の香りが風にのって
あたりは、さわやかな香に包まれている。
香の中にいると、
幼い頃のたくさんの記憶が鮮明によみがえってくる不思議な香り。
胸の奥のほうが、きゅんとなる私です。

今年も早10月となって月日はどんどん過ぎてゆく。
10月は別名神無月、、
夫のふるさと、島根県出雲地方では神在月(かみありつき)と呼ばれている。

この月、全国の神様たちが、
縁結びの相談をするために出雲大社に集まってくるのだそうです。
(出雲大社は、縁結びの神様で有名)
そうなると、各地では、神様がいなくなる・・・・・
ということから神無月といわれるようになったとか。
これを裏付けるように
出雲地方では神在月(かみありつき)と呼ばれているそうです。

息子も出雲大社様が結び付けてくださったのか(笑)
23日に結婚式を挙げます。
お式を間じかに控えて、息子たちよりも私どもの方が
そわそわと心落ち着かないこのごろです。

昨日、夫と2人だけの、私の誕生日、腰の快気祝いをしようと
せっかくだから、息子たちとも一緒にと招待した。

”うかい亭”、よく利用させていただいているレストラン。
Img_3147
イケメンシェフが、目の前で、料理してくれる、お魚やステーキ、
ワインを片手にお話も弾みながらのおいしいお食事に舌づつみ、
食事の後は、場所を変えて、生のピアノ演奏を聞きながらのTea Break。

これから家族となるお嫁ちゃんを交えて、秋の夜長を愉しみました。

|

« 神楽坂をプラプラと | トップページ | 江姫ゆかりの地を散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようごぞいます。良かったですね、おめでとうございます。

投稿: みどり | 2011年10月 5日 (水) 07時34分

にりんそうさん、
金木犀、一瞬の花だからこそ、季節を感じますね。
出雲大社の神在月のお話、うれしく拝見しました。
ご子息様、おめでとうございます。もう間近ですね。

投稿: ミントのみん | 2011年10月 5日 (水) 18時06分

みどりさま
おはよう、ありがとうございます。
さわやかな秋晴れの朝ですね。
今日は、昨年の初穂会以来一年ぶりで、千葉へ
行きます。
今回は、小、中時代の友の書道作品展を開催する招待状を戴き、観に行ってきます。
友だちに会えるのも楽しみです。

投稿: にりんそう | 2011年10月 7日 (金) 09時01分

おはようございます、ミントさま

庭に佇むと
金木犀の香が今朝は一段と強く漂ってくるのが
感じられます。
さわやかな秋日和ですね。
どういうわけか、この香には
幼い頃の私のたくさんの思い出が凝縮されているのですよ。
今の時期の金木犀を愉しみたいです。

23日に挙式を控えて、落ち着きません。
これが終えると、
いよいよ夫との2人だけの生活が新たに始まります。
今までと、何にも変わらないとは思うのですが、
なんとなく寂しさもありますね。

投稿: にりんそう | 2011年10月 7日 (金) 09時12分

同じお誕生月でしたね。
そして息子さんのご結婚、おめでとうございます。
お嫁さんももうすっかりにりんそう家の一員になってらっしゃるご様子ですね。
来年はいよいよおばぁちゃんデビューかな?

投稿: パーリーブルー | 2011年10月 9日 (日) 13時43分

息子さんのご結婚おめでとうございます!
どうぞ末永く お幸せに!
今 にりんそう様も 一番お忙しい時でしょうか?
こういう時って 早く終わって欲しい様な 欲しくない様な。。。
複雑な気分ですよね

金木犀の花 私の近所でも沢山咲いていますが 
ある時から突然咲き出したので びっくりしました
その日のお昼まで 何も匂わなかったのに
夕方頃から急に香りが漂ってきて。。
彼岸花も きっちりお彼岸の頃咲いて
終わってしまいましたね 

出雲大社は学生の頃から行きたいと思っていて 
今だ実現できていない場所です
実家にいる間 今よりずっと出雲大社の近くに住んでいたのに 
案外 こういうものですよね~
石見銀山と併せて いつの日か!と 思っています
神様のお話 私も興味深く読ませていただきました
有難うございました!

  

投稿: kazue | 2011年10月11日 (火) 08時27分

パーリーさん、
そうですね、ご一緒の誕生月でしたね。
今年もご主人様と、
素敵なお祝いなされたことでしょう。
息子がいよいよ終止符を打ちます。
ありがとうございます。
娘に諦めている分、孫は息子に期待?
いけませんかしらね(笑)。

投稿: にりんそう | 2011年10月12日 (水) 09時10分

kazueさま
おはようございます。
息子の結婚の準備は
ほとんど若い2人に任せていますので、
私たちの出る幕はあまりないのですが、
やはり近づいてくると、
心落ち着きません。
何事もなく無事、
お式が終わってくれればと思っています。

島根県は素敵なところです。
私は夫と結婚を決めた理由の一つに、
結婚前に訪れた松江の地に魅せられたこと(笑)があるのです。
出雲大社も素晴しい、
また、
奥深い山に囲まれた地にひっそりとある、
石見銀山、
そして国立公園の一角の山、三瓶山、
日本海を眺めながら登る素敵な山。
島根は素朴な町ですが、
素敵な歴史に触れることの出来る町です。
機会がありましたら是非、訪れてみてください。

投稿: にりんそう | 2011年10月12日 (水) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/52890939

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長を・・・。:

« 神楽坂をプラプラと | トップページ | 江姫ゆかりの地を散策 »