« 金属石鹸 | トップページ | 欠けゆく月の名 »

野分(のわけ)

Img_5112

野分とは野の草木を分けるように吹く強い風、つまり台風のことです。

台風、日本語のように見えますが、実はこれ英語なのですね。
”Tyhoon”(タイフーン)
これに漢字を当てはめたものなのです。

先日の沖縄諸島から北九州にかけての猛烈な台風、
たいした被害もなく過ぎ去りほっとしました。

気象技術が進歩して、予測は出来るようになりましたが、
それでも台風は毎年大きな被害をもたらしています。

荒れ狂う自然の猛威を前にするたびに
人々は叩きのめされ、それでもまた乗り越えていく・・・・。
そんな営みの繰り返しは歴史をさかのぼって続いている。

今中国ではわが国の尖閣諸島を巡って、反日感情の
嵐が巻き起こっている。

尖閣諸島問題、お互い主権は譲れない。
中国で起きている反日暴動、これらに挑発せず、また挑発に乗らず
平和国家の矜持を堅持しつつ、事を運びたい・・・・・・。
今朝の朝日新聞、天声人語はこう語っている。


騒がしい世相からちょっと抜けて。

秋の季語台風を使って一句。

”台風や去りて庭隅花一輪”

|

« 金属石鹸 | トップページ | 欠けゆく月の名 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/55686795

この記事へのトラックバック一覧です: 野分(のわけ):

« 金属石鹸 | トップページ | 欠けゆく月の名 »