« 今年の山歩き納め | トップページ | 野田総理がやってきた! »

"イクメン" をまのあたりにして

木枯らしが吹き始めてきました。

銀杏落ち葉でグラウンドが黄色に染まっています。

Img_0150

街ゆく人の足元にも、舞い始める銀杏落ち葉

Img_0168



先週の寒~い山歩きで、すっかり風邪をこじらせてしまった私、
熱が出たり、寝込むってことは無いけれど
頭半分がぼわ~ん、耳の中が常に水が流れている音がして
聞こえもよくない。
先週から耳鼻咽喉科通いです。

土曜日、病院は待っている子供や老人等でざわざわ。
診察まで2時間待ちといわれ
午後の診察にしようと診察券を置いて帰った。

午後からでも相変わらずの混みよう。

その中に若いパパさん一人で、幼子や乳飲み子を連れて来ている。
おんぶ紐ならず、抱っこヒモで乳飲み子を抱えたり
バギーに載せたりと。
夫婦で来ている人もいるけれど
たいてい、男性一人で連れてきてる。
待ち時間の間、赤ちゃんのオムツを取り替えたり、
涎掛けで口の周りを拭いてあげたり、
泣いた子をあやしたり、
いとも器用に赤ちゃんを取り扱う姿に妙に、感心してしまった。

パパさんが子供と一緒の姿はよく見かける光景だけど
上手に赤ちゃんを取り扱う姿をまのあたりにして
ああ~、これが俗に言う、”イクメン”なのかと。

私の子育ての頃には見られなかった光景?だったような・・・・。

ママは今日は仕事なのか、
それとも御用で来られなかったのか・・・・・。
理由は様々なのでしょう。
今、男の人の子育てでのこのような光景は、当たり前なのですね。

ふと、我を振り返ってみて
夫は子供を病院へ連れて行ったことあったかしら・・・・。
おしめを取り替えたことあったかしら・・・・。
お食事を食べさせてあげたことあったかしら・・・・
記憶を辿ると・・・・
少し大きくなった子供をお風呂に入れてくれたことくらいかな・・・。

昨年結婚した息子、子供は未だだけれども
生まれたら・・・・・・・。

古い世代の私は、複雑な思いでウオッチングしてました。

|

« 今年の山歩き納め | トップページ | 野田総理がやってきた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いまや男性が育児をするのは当たり前になったね、ドイツでは女性の産休だけでなく、男性も育児休暇をどうどうと申請することができるんだよ。育児や家庭のことができない男性は恥ずかしい世の中ー海外ではこれはふつうのことだけど、日本はまだまだ…なのかな。でもそれだけ女性が産後も社会に復帰して活躍しているということだよね。にりんそうさんも初孫の顔…‥いつか見れるといいですね…‥。

投稿: むすめちゃん | 2012年12月21日 (金) 01時45分

日本でも男性の育児休暇が会社によっては、
あるのではないかしら?
わが息子が、このように子供を病院へ連れて行く姿を想像すると・・・・。
思うだけで、
何とも言えない思いが体を走ります。
ママの世代とは全然違うのでしょうね。
そうね、初孫、やっぱり楽しみよね。

投稿: にりんそう | 2012年12月21日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/56278545

この記事へのトラックバック一覧です: "イクメン" をまのあたりにして:

« 今年の山歩き納め | トップページ | 野田総理がやってきた! »