« 梅雨入りに・・・・ | トップページ | お天気に惑わされて »

風待月(かぜまちづき)

6月にはいりました。
早々の梅雨入り発表がありましたが、
さわやかな風を感じています。


6月の異名といえば水無月。
旧暦では6月は夏盛りだったことから、
水も涸れ尽きるという意味から水無月といわれています。

異称も多く、
涼暮月(すずくれづき)、蝉羽月(せみのはづき)、鳴神月(なるかみづき)、
松風月(まつかぜづき)、夏越月(なごしのつき)、葵月(あおいづき)
そして、風待月・・・・・どれも美しい呼び名ばかりですね。

さまざまの名で呼ばれるこの月は、
それだけ人々の心が敏感になっていたからしょうか。

風待月・・・・風を恋しく待つ月、うん~ん・・・・。
蒸し暑い日が続くと、ほんのささやかな風にもほっとしますよね。
風を恋しく待ち、ささやかな風に、喜びを感じる。
そんな気持ちを持ちたいものです。

さて、昨日蕾だったユリが今朝はもう開いてました。
6月に入ったばかりなのにもうユリの季節です。
今年はやはり開花が早い感じがします。

003


そして、ヘメロカリスにもたくさんの蕾が付き始めています。

004

|

« 梅雨入りに・・・・ | トップページ | お天気に惑わされて »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/57500729

この記事へのトラックバック一覧です: 風待月(かぜまちづき):

« 梅雨入りに・・・・ | トップページ | お天気に惑わされて »