« 七夕に | トップページ | 尾瀬行き »

空蝉

今日も朝から酷暑です。
暑い夏の日の、体で覚えているのは
あのミンミンと鳴くせみの声。
今や夏本番の毎日ですが、鳴き声はまだ聞こえません。
やはり時が来なければ蝉も活動しないのでしょうか。

空蝉・・・決して美しいとはいえない蝉の抜け殻のことを
こんなに美しい言葉で呼ぶんですね。
手に取るとちょっと力を入れただけで、
かさかさとつぶれてしまいそうな危ういさ。

この世に生きている人や現生のことを意味する、
“現身”(うつしおみ)という言葉が転じて、
”うつそみ”やがて”うつせみ”となり、空蝉にかけたようです。
                                 美人の日本語から

蝉は何年も土の中で過ごし、ようやく脱皮して鳴けるようになっても
数日しか生きられない、その儚さとこの世の儚さを昔の人は重ねたのでしょうね。




夏の花、セイヨウニンジンボクが咲き始めました。
名前のイメージからちょっとだけ離れているけれど
色といい、涼しげなきれいな花木です。大好きです。

028


032


そして夏定番の ルリマツリ

036


そしてもちろん今盛りとばかりのアガパンサス

022


037


暑い暑い日ですが、庭は
さわやかなブルー色で賑わっています。

|

« 七夕に | トップページ | 尾瀬行き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にりんそうさん、ご無沙汰しております。猛暑が続いていますが、お元気そうで何よりです。

セイヨウニンジンボク、涼味を醸す素敵な色合い、風情ですね。
どこかに、こんなふうに書いてありました:
「花後にできる果実は香りがあり、風味はコショウに似ており香辛料として使われたそうです。果実だけではなく、枝葉にも香りがあります。利用目的で分けると花木とも言えますしハーブとも言えます。」
知りませんでした。ハーブとして利用されていますか? だとすると、一石何鳥かの木ですね。

投稿: takuです | 2013年7月13日 (土) 23時05分

taku様、ご無沙汰しております。
コメントレス、遅くなってごめんなさいね。
このところちょっとしのぎやすいですが、
また暑さ復活のようですね。
お元気ですか?
私はこのような毎日です。
今日は本当は奥秩父の渓谷を歩こうと思っていたのですが、お天気の具合で辞めました。
でもなんだか行けばよかったかと、
ちょっと悔やまれてます。
セイヨウニンジンボク今盛りに咲いています。
枝葉も香り良くハーブですね。
葉の楚々とした形が好きで、
お料理の飾りつけに使ってますが
実は気がつきませんでした。
小さな実がなるのでしょうね。
今回じっくりと花後に見てみます。
また女性のホルモンのバランス調整の
ハーブとしても利用されているようですね。
花もとっても涼しげで好きです。
どうぞお体ご自愛くださいね。
コメントありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2013年7月17日 (水) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/57755858

この記事へのトラックバック一覧です: 空蝉:

« 七夕に | トップページ | 尾瀬行き »