« 灼熱続きの中での | トップページ | スカイプを再び »

昼寝覚(ひるねざめ)

”微睡みも纏いつかれし残暑かな”

連日の熱帯夜、寝苦しい夜が続いていますね。
この寝苦しさはいつまで続くのでしょうか・・・・。

寝不足気味のこの頃、この寝不足を補うためにも、
昼寝は体にとってもいいそうです。
実際、昼寝には昼寝をした時間の二倍の睡眠をとった効果があるそうです。
ただし、たくさん寝てはいけないらしいです。

昼寝をした後に目覚めたときの物憂いけだるさ、
これを”昼寝覚”と言い、
夢と現の間をたゆたっている感覚を言うのですが
私はどうもこの感覚が好きではなく
近年、昼寝はほとんどしないように、というより
する時間もないのですが・・・・。

昼寝覚
夏の季語にもなっているように、暑い日中ならではの感覚ですね。

最初に掲げた句は、秋の季語、残暑で作ってみました。

さて先日行った入笠湿原で見た花々をDBにまとめました。
盛夏の花々に混じって秋の花も咲き始めていました。
暑い暑いと言いながらも秋はもう、そこまで来ているかもしれません。

|

« 灼熱続きの中での | トップページ | スカイプを再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、にりんそうさん、

ここ山里は二日間にわたり雨に見舞われました、山里の川の最終到達点地「江津市」は記録的雨量と連日テレビが報道してますね。
みどりにとっては恵みの雨です。乾ききった畑は水で潤い、発芽時期の秋野菜は待ちに待った雨です、加えてこの雨で夏の空気が秋の済んだ空気に入れ替わるからです。
地元の農家は稲の刈り取り寸前の雨、重い稲穂を支えきれず倒れ黄金の波から黄色いじゅうたんに様変わり、気の毒の姿です。
今年は何かしら冬が早い予感です。せっせ、せっせの秋の始まりです。又

投稿: みどり | 2013年8月25日 (日) 07時06分

おはようございます、みどりさん。
連日の雨の報道、
夫のふるさと島根が大変のようです。
ただし江津市のようですが・・・。
昔、車で帰省の折、
時々江津川沿いを走って帰ったことありました。
あの大きな川が氾濫でもしたら大変ですね。
また浜田市も大変の様子、
浜田には親せき筋もいますが、
大丈夫のようです。

この雨は、こちらにとっても恵みの雨です。
少しは秋の空気に・・・と思うのですが
まだまだ湿気の多い暑さで、クーラーは欠かせません。
本当に暑さから一気に寒さにでもなるのでしょうか。
だんだんと四季がなくなっていっているように感じます。
みどりさんの里や、
自然の中で生活している様子が
目に浮かびます。
今日はコメントありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2013年8月25日 (日) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/58049897

この記事へのトラックバック一覧です: 昼寝覚(ひるねざめ):

« 灼熱続きの中での | トップページ | スカイプを再び »