« まだまだ猛暑まっただ中 | トップページ | 灼熱続きの中での »

遠花火

相変わらずの猛暑続きです。
おかしなもので、体が慣れるというか、
34度くらいだと今日は涼しい・・・なんて思うこの頃です。
それでも35度となるとやっぱり暑い!
暑い日中は、いつものようにフィットネスジムで体を動かしている私です。

夏を彩る風物詩のひとつ、花火大会、
大玉のものすごい爆音とともに夜空に舞う、
あの華麗さ、豪華さ、爽快感、
そしてその後に訪れる静けさ・・・・・・、
いくつ年を重ねても、虜になりますね。

今年は、墨田の花火大会、そして昨日の諏訪の花火大会は、
残念なことに豪雨のため中止。
そして京都では大会会場での爆発騒ぎで、
多数の重傷者が出ているとのニュース。
花火大会のアクシデントが続いています。


さて、今のような観賞用の花火が発達したのは江戸時代。
日本で初めて花火を見たのは
徳川家康だったということ、知っていましたか?

家康が見たのは、打ち上げ式でなく、手筒花火だったそうです。
火薬を詰めた大きな筒を小脇に抱え、
そこから吹き上げる火の粉を観賞したのだそうです。

怖いですね~。それと、大変危険ですよね。
が、その勇気を惚れた女性に示すために、
男たちは手筒花火を上げたのだそうですよ。
命がけですね。

アクシデント続きの今年の花火大会ですが、
夜ともなると、どこかで花火が揚がっています。
遠くから見る音のない花火は、
色だけが鮮やかに浮かんでは消え浮かんでは消えて・・・・。
なんとも切ない思いを抱きます。
豪華な花火ももちろん好きですが、
この遠花火も素敵です。

昨年アメリカ旅行が、丁度アメリカ独立記念日の日で
ホテルの窓から、遠花火をみました。

           ”外っ国(とつくに)の窓辺に佇み遠花火”

”スネイル・フラワー”

003

002

スネイル、かたつむりのことですね。
確かに花の形、よく似ています。
ネーミングとはうらはらに、ラベンダーブルー色した、見るからにさわやかな花。
初夏から盛んにツルを伸ばして立派なグリーンカーテンを作る・・・・・
と書かれていますが、

いまだに我が家のグリーンカーテンはこんなです。

006

ひざしを遮らないままに、夏が終わってしまう?のでは。

|

« まだまだ猛暑まっただ中 | トップページ | 灼熱続きの中での »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にりんそうさん、
花火、風情ありますよね。最近行く機会がなくて寂しいですが。

スネイルフラワー、私、初めてです。さわやかな色ですね。
グリーンカーテン、葉は痛んでいないので、きれいです。

暑くて、もう、放置している我が家。ひどいものです(><)。

投稿: ミントのみん | 2013年8月17日 (土) 20時48分

こんにちわ、ミント様
夏の夜空の花火、私も好きです。
近くのお寺さんで、毎年お祭りがおこなわれ
最終日の最後に大花火が打ち上げられます。
たったの15分くらいですが、
それはものすごい内容の充実した花火なのです。
庭から見られるので毎年楽しみにしています。
花火を写すって難しくて
なかなか写真が撮れません。

スネイルフラワー、ちょっと見はスイートピーのような・・・
涼しげでそれでいて謙虚な花です。
この花のグリーンカーテン期待しているのですが・・・・。

投稿: にりんそう | 2013年8月18日 (日) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/58001683

この記事へのトラックバック一覧です: 遠花火:

« まだまだ猛暑まっただ中 | トップページ | 灼熱続きの中での »