« 市長選挙 | トップページ | 霜降月(しもふりつき) »

竜田姫

今日も穏やかな秋の日和でした。

酷暑の夏、そして10月に入り、台風が続けさまにやってきたりと、
野や山の色づきを気がつかないままに、10月も終わりです。

近年、日本の四季が少しづつ薄れてきているような感じがします。

ある本の中に、
日本の四季について、面白いことが書かれていたこと思い出しました。

都を囲む山々、東西南北の山々には
それぞれ東は春・・、西は夏・・・というように
春夏秋冬の神様が住んでいて、
その神様は、春は、佐保姫、夏は筒姫、秋は竜田姫、そして冬はうつ田姫
という四人の女神が支配していたといいます。

たしか中国では、青帝、炎帝、白帝、黒帝という
四季を司る神様がいて、みんな男性でしたね。
日本の四季は女神が司っている。
どの季節をとっても、それぞれの情緒を感じられるのは
女性の神様だからでしょうか。

中国の平城京の西に竜田山という山があって、
そこに住む竜田姫は、染色と織物がとっても得意なのだそうです。

日本の紅葉の素晴らしさを
まるで絨毯を敷き詰めたようだといいますが、
まさしく、日本の秋を司る女神、竜田姫の仕業ですね。

さぁ、また連休が始まります。
竜田姫の織りなす錦の絨毯でも観に行こうかしら・・・・・。

我が家の庭は・・・・・・。
ほんの一部が染まってきました。

005

|

« 市長選挙 | トップページ | 霜降月(しもふりつき) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/58486642

この記事へのトラックバック一覧です: 竜田姫:

« 市長選挙 | トップページ | 霜降月(しもふりつき) »