« 侘助 | トップページ | 今年も一陽来復のお札をもらいに »

小春日和に

昨日の暖かさがうそのように
今朝は又厳しい寒さに戻っています。

そんな中、梅の便りもちらほらと。
厳しい寒さの中、青空に凛として咲く梅の姿はいいですね。

~東風(こち)吹かば におひおこせよ 梅の花 
     主なしとて 春な忘れそ(春を忘れるな)~

菅原道真の歌ですね。
大宰府に左遷されたときに、
邸宅の庭の梅に別れを惜しんで詠んだのがこの歌です。

東風に乗り、この梅は道真の後を追って、
一晩で大宰府まで飛んできたそうです。
これを、飛び梅と呼び、今も大宰府天満宮にご神木として残っており
毎年他の梅に先駆けて、美しい花を咲かせているそうです。

さて東風とは東方から吹くやや荒い風、春を告げる風といわれます。

暖かだった昨日は、まさしく東風が吹き
梅の香りも漂ってくるかのようでした。

この暖かさに、植物も芽生え始め、蕾も膨らみ始めたり
一気に、春が来たような・・・・・・。

暖かさにつられ庭の植物の息吹を写真に収めました。
今年の我が家の庭の花物語、の始まりです。

|

« 侘助 | トップページ | 今年も一陽来復のお札をもらいに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

sun 梅いいですね!
詩吟を長くしています。
 
 寒梅   新島 襄
庭上の一寒梅 笑って風雪を侵して開く
争わず又力めず 自ずから百花の魁を占む

力は「つとめず」と読みます。
魁は「さきがけ」と読みます。

先日溝の口のノクティで初吟会が有り
出席してきました。
出られる事に感謝です。

投稿: アガパン7 | 2014年1月27日 (月) 11時32分

こんばんわ、アガパンさま
詩吟ですか・・・・。
すごい高尚な趣味をお持ちなのですね。
掲げられた歌、例の新島譲さんの歌なのですね。
結婚前に勤めていた職場の友達が
やはり詩吟をしていて
結婚披露宴で、
舞いとともにご披露してくださったこと、
思い出しました。
詩吟は大きな声で歌うし
体にはいいですね。
どうぞ頑張ってくださいね。

投稿: にりんそう | 2014年1月27日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/59015112

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和に:

« 侘助 | トップページ | 今年も一陽来復のお札をもらいに »