« 七福神巡り | トップページ | 早緑月(さみどりづき) »

花一華(はないちげ)

穏やかな冬日和が続いています。
一月ももう半ばとなってしまいました。
ブログが怠りがちなこのところ、
日々雑感というタイトルが遠くなっています。

さて、まだまだ冬枯の我が家の庭、
殺風景な庭に、アネモネが明るい色で咲いています。
昨年は鉢植えで育てていましたが、つぼみが膨らみ始めたので
庭へ植えかえてあげました。

Img_4888


穏やかな冬の日を浴びて花びらがひらひらとそよいでいます。

Img_4874


アネモネは英語で
Wind Flower と呼ばれ、
アネモネの語源も、ギリシャ語で風を意味するAnemos からきているようです。
早春の風に、撫でられるようにして咲いている姿を見ると、
まさしくその通りです。

鮮やかな色合いの花が、
何もない庭にひと足早い春をもたらしてくれているようです。

Img_4877


Img_4881


こちらは、ちょっと変わっています。

Img_4878


鮮やかな色合いで咲くアネモネですが、
摘み取るとすぐにしおれてしまう、はかなさを持つ花です。

和名を”牡丹一華”または”花一華”とも呼ばれています。

一華という名前は、一つの茎に花が一輪だけ咲く植物につけられ
仏教では悟りを求める心のたとえに使われるそうです。

”一華開けて天下の春・・・・・・”
一輪の花が開くことによって、天下に春が来たことを知るということです。

そこには心眼が一度開けると、今あるそのままの世界が、
素晴らしい宇宙だと悟るようになる・・・・・そんな意味がこもっているのだそうです。

悟りとか心眼とか、そんな高尚なものではなくても
ともし火のような思いが心に咲くだけで春が来る・・・・

心の中の花一華が、
いつも咲いているような日々を過ごしたいものです。

                 (画像をクリックすると大きく見られますよ)

|

« 七福神巡り | トップページ | 早緑月(さみどりづき) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/60999187

この記事へのトラックバック一覧です: 花一華(はないちげ):

« 七福神巡り | トップページ | 早緑月(さみどりづき) »