« 一陽来復のお守り | トップページ | 横浜美術館へ »

早、二月に入りました

一月末に降った雪がまだ庭隅にすこし残されたまま
ショックなニュースと共に二月に入りました。

憤りと悲しい出来事は何もなかったかのように
さんさんと降り注ぐ日差しがまぶしいほどです。

二月の異称、如月。
言葉の響き,漢字ともに美しい響きの言葉です。
ご存知のように、まだまだ寒さが厳しいので
衣を重ねて着る「衣更着」からきている意味の言葉と言われています。

二月には、もう一つ異称があります。

旧暦二月は樹木が芽吹く月ということで
「木の芽月」とも呼ばれるそうです。

現代の二月は、まだまだ厳しい寒さの中です
外は、枯れ木立が並ぶ冬景色、
でもこれらの木々に近寄ってみると
枝の先々に冬芽をつけているのに気付きます。

草の芽や木の芽がわずかに萌えだしている
此れを”冬萌え”と呼ぶそうです。

固く縮こまって冬の寒さにじっと耐えている小さな芽を見つけると
感動を覚えるます。

私の心にも春を待つ芽が膨らんでいく・・・・・。
二月はそんな月、寒さはあと少しですね。

明るい日差しの中で春を待ちつつ作りました。

|

« 一陽来復のお守り | トップページ | 横浜美術館へ »

季節」カテゴリの記事

コメント

snowsunですね。
二月に入り、朝からショクな、ニュースですね。   いろいろな、考えが、有ると、思いますが・・・
今日は眩しい、お天気ですね。
何時も読ませていただいています。
どちらかと、ゆうと、理系な、紘子ちゃんなので、コメント良く書けなくて奮闘しています。
一月に、来宮神宮の、二千年の、大楠木に、逢ってきました。小嵐亭に、泊ってきました。
今年も元気で、出かけたいです。

投稿: アガパン7 | 2015年2月 1日 (日) 10時26分

おはようございます、アガパンさま
今日もまぶしすぎるほどの太陽ですね。
気持ちがいいです。
朝から工事が始まりましたね。
かぶせてあったシートが、風が吹くたびに
バッサ、バッサとうるさくて眠れない日があり、
周りの土のうやら木片の重いのでシートの上に置いときました。
ブーツが赤土粘土でひどい状態になってしまいました。
今日でシートを取り外すそうです。
そうなると風に舞って土ほこりが・・・・。
いずれにしても、家の着工までまだまだ時間がかかりそうですね。
来宮神社、以前お山の会で近くの山を歩き、下山時に大楠をみました。
我が家の楠、昨年からちょっと枯れてきていて
きになります。
折角木の形が整ってきたところなので。
花の便りもちらほらと聞こえていますね。
早く暖かくなるといいですね。
今年もお互い元気で花見遊山しましょう。
コメントは全く気にしないでくださいね。
見ていただくだけでうれしいです。

投稿: にりんそう | 2015年2月 2日 (月) 09時54分

にりんそうさん こんばんは

2月に入りましたね

青い空に真っ白な雪をかぶった富士山
丹沢連峰の高い部分に残った雪 そんな景色を見ながら、、、こんな素晴らしい景色を後藤さんはもう見る事はできないんだな~と

残念な結果に成ってしまいましたね

如月 良い響きの言葉ですね

そちらは雪が大分降ったのですね

こちらは雨に終わり子供達はがっかりだったようです
明日は節分 木の芽月 春の気配を捜してみます

投稿: ふーちゃん | 2015年2月 2日 (月) 20時03分

ふうチャンさんおはようございます。
今日も素晴らしいお天気ですね。
それでも木曜日には又雪が降るようで、
雪が降るとこちらは多摩丘陵なので坂が多く、
車生活の私は、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。
同じ県内なのに先日の雪は、そちらではあまりふらなかったのですね。
やはり湘南は暖かいのですね。
この頃こちらからも、ことのほか美しく聳えたつ富士の姿が毎日見られます。
後藤さん、日本にとっても、いいえ、世界の人々にとっても貴重な方を失いました。
本人はさぞかし無念だったと思います。
今日は節分、恵方巻を作って今年の恵方に向かていただきましょう。
日にちはトントンと過ぎていって
ぼんやりとしていられませんね(笑)。
今日もコメントありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2015年2月 3日 (火) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/61063175

この記事へのトラックバック一覧です: 早、二月に入りました:

« 一陽来復のお守り | トップページ | 横浜美術館へ »