« ミュンヘン滞在記、ホウエン・シュバンガウ城 | トップページ | 芸術を愛しビールを愛するミュンヘンともお別れです »

ミュンヘン滞在記、、ニンフェンブルグ城へ

ミュンヘン滞在記、再開です。

今日はミュンヘン郊外にある、ニンフェンブルグ城をさらっと紹介します。
好きな城の一つで過去何回か訪れています。

ニンフェンブルグ城は
バイエルン、ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮であり
城の内部は豪華な内装に美術品が見ものです。
又敷地内には
ルネッサンス風の広大な庭園がひろがり
ルートヴィッヒ2世が使った
金細工の馬車やゆりかごなどの
馬車の博物館や、
ロココ式の狩猟用の小宮殿などが点在している。

市電を降るとはるか遠くに、お城が小さく見えます。
あそこまで歩くの?って最初は少しビビりましたが
川沿いに沿っての城までまっすぐにのびている散歩道
美しい散歩道は、お城までを遠くに感じさせません。

今回はミュンヘン駅からバスに乗って来たので、
お城のすぐそばまで連れて来てくれました。

娘と二人、ゆっくりと優雅なお城でたくさん語らい
くつろいでまいりました。

|

« ミュンヘン滞在記、ホウエン・シュバンガウ城 | トップページ | 芸術を愛しビールを愛するミュンヘンともお別れです »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自転車で走っている人が居る程広い庭。
日本ではこんな広い庭は、皇族の人が住んでいる様な
所位ですね。
(北海道ならひょっとして個人所有の庭があるのかな?)

この様なものが遺産として残せるからすごいですね。
作りもずいぶん手が入ったもので。

投稿: Syu(chan) | 2016年7月 8日 (金) 08時40分

syu(chan)さん、こんにちわ~。
いつもありがとうございます~・。
ここは夏の離宮、私はお城の中で比較的好きなお城です。
広い敷地の中には、ルートヴィッヒが幼少に乗った、金の乳母車や黄金の馬車などが飾ってある博物館もあり楽しいです。
そうなんです広い敷地内は、自転車が走っています。
この国は自転車王国でもあり、
道路には必ず自転車ゾーンがあり
それが日本の普通の道路幅くらいあり、
ついそこを歩いていると
後ろからすごい勢いで
走って来る自転車に何回も怖さを感じました。
話が脱線してしまいました。
何しろ街中が、美術品みたいな国です。

投稿: にりんそう | 2016年7月 8日 (金) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/63857893

この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘン滞在記、、ニンフェンブルグ城へ:

« ミュンヘン滞在記、ホウエン・シュバンガウ城 | トップページ | 芸術を愛しビールを愛するミュンヘンともお別れです »