« 2017年の幕開けです | トップページ | 大西洋を渡ったヨーロッパの名画、デトロイト美術館展 »

お年玉・・・昔はお金ではなかった

小寒の今日、穏やかな天気の下で過ごしたお正月でしたが
一転、夕べから厳しい寒さがもどってきました。
これからいよいよ寒さ厳しくなる小寒です。

庭に、和すいせんやラッパ水仙が
真冬日の日差しを受けて咲いています。

Img_6154_2

Img_6263_2

さて、今年もたくさんのお年玉をいただき、
喜んでいるお子様方も多くいらっしゃることでしょう。

お年玉の意味は、もともと年の賜物(たまもの)という意味だそうです。

神様にお供えしたお餅などを、
お下がりとして分け与えたのが始まりだといいます。

やがて、目上の者から目下の者へ、
お餅や、お供え物以外の品物も渡されるようになり、
いつのころからか、お金に変わってしまったようです。

昨日、我が家のお正月最後の来客、
息子の家族が、新年のあいさつにやって来ました。
可愛い孫に会える喜びに、
前日から、当日迎える直前まで、お料理の準備におおわらわして、
ファミリーを出迎えました。

一か月会わない間に、また成長していた二人の孫に
心を込めてのお年玉を、手渡しました。
ほんのちょっぴりの金額ですが
”ママに好きなご本でも買ってもらいなさいね”と、言って。

”この年初めて授かった大切な贈り物”という気持ちを
孫たちに伝えていきたいから。

可愛い孫たちに遊んでもらった?爺婆は、
たくさんの活力をもらいつつも、疲れました。

今朝、昨日のことを思い出しては、
かわいいね、いい子たちに育っているね・・・・
を繰り返す、孫バカの私たちでした。

これで、私の今年のお正月は終わりました。
きょうから、またいつもの生活の始まりです。
今年も元気にフィットネス・ジムへ通い、いい汗かいて、
カメラと共に、もっともっと旅にも出かけたい・・・・・。

考えるだけで胸が躍ります。

|

« 2017年の幕開けです | トップページ | 大西洋を渡ったヨーロッパの名画、デトロイト美術館展 »

伝統文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/64722811

この記事へのトラックバック一覧です: お年玉・・・昔はお金ではなかった:

« 2017年の幕開けです | トップページ | 大西洋を渡ったヨーロッパの名画、デトロイト美術館展 »