« 啓蟄 | トップページ | 弥生三月夢見月 »

春は足早に

空は青く澄み、空気はひんやりと、
素晴らしいお天気の朝をむかえました。

今日は3月8日、”国際女性デー”と言われています。
国連が1975年に定めた記念日で、多くの苦難を乗り越え、
権利を勝ち取ってきた女性たちをたたえる日なのだそうです。

日本ではまだなじみがないのですが、
世界では祝日となる国もあり、
各地で、いろいろな催しも開かれるそうです。

そして国際女性デーの象徴とされる花があります
ミモザの花です。

イタリアではこの日女性へミモザを送る風習があり
近年日本でも少しづつ広がりを見せているようです。

春にさく黄色い球状の花、
一時、新築の家に、ミモザの木を植える・・・
というブームもありました。

黄色の花は暖かな春らしさを連想します。
日本では、本来三月の誕生色は
楚々とした山桜の薄桃色なのだそうです。

昔から花といえば桜のこと
そしてその桜は山桜のことでした。
葉と一緒に咲かせる山桜は、
華やかさの中にも落ち着きを感じさせてくれます。

江戸時代に品種改良されてソメイヨシノとなったわけです。

ソメイヨシノが咲く前の新宿御苑はどうなっているか・・・と
歩いてみました。
早咲きの寒桜が満開に咲き、、もう春が来ていました。

街中が、ソメイヨシノの桜色に染まるのももうすぐ、
ワクワクドキドキする季節が、
足早にやってきてます。

|

« 啓蟄 | トップページ | 弥生三月夢見月 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/64986581

この記事へのトラックバック一覧です: 春は足早に:

« 啓蟄 | トップページ | 弥生三月夢見月 »