« 東北三県の美術館巡りその2 | トップページ | 人生最後の車 »

東北三県美術館巡りその3

春の東北美術館巡りもいよいよ最後です。

秋田大館から盛岡へと移り
最後の美術館、岩手県立美術館です。

郷土の美術家たちの作品群を中心としたコレクションの収集
そしてそれらを展示している美術館です。

美術館に着いたとたん、
あまりに広く明るく美しい館内に目を見張り
美術館内を歩くだけでも気持ちの良い思いでした。

没後90年を記念した”萬鐡五郎”展が模様されております。

明治18年に花巻市に生まれ、のち体を壊し気候の温かい
神奈川の茅ヶ崎へ、静養のため移り住み
41歳でなくなるまでの晩年は茅ヶ崎で過ごした萬鐡五郎です。

力強いタッチで描かれる絵は
色彩とともに強烈なインパクトを受けました。

また常設している展示室でも
郷土の画家たちによって
描かれている絵の大変すばらいものばかりに
限られた時間内での鑑賞には時間があまりも足りなく
急ぎ足で回ったことが残念でなりませんでした。

もうすこし見ていたい思いを後に再度秋田へ戻り
角館の武家屋敷の街並み散策へ向かいます。

途中盛岡のグランドホテルにて
フルコースのフレンチ創作料理を頂きました。

ここでちょっとしたハプニング
フロントに預けたコートをうっかり忘れて、
バスに乗り込んでしまいました。
しばらく走ってから気づき、慌てて
自宅へ送っていただくようホテルへ連絡するという
最後の最後でこんなことが、トホホホ・・・・・。

角館はちょうど桜が満開でした。
一度訪れたいと思っていたここ、、楽しみにしていたのですが、
今日はあいにくの雨降りになってしまい、残念です。

狭い武家通りは人、人、人、そして傘、傘、傘と
ごった返していました。

あまり人のいないところばかりだった二日間
疲れがどっと出てきたような。

盛岡発の夕刻の新幹線に乗り帰京。
こうして春の東北美術館巡りは終わりました。

|

« 東北三県の美術館巡りその2 | トップページ | 人生最後の車 »

美術鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507589/65457649

この記事へのトラックバック一覧です: 東北三県美術館巡りその3:

« 東北三県の美術館巡りその2 | トップページ | 人生最後の車 »