« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

台風一過に秋をみる

大型台風18号は日本列島を総なめし
各地に被害を残して去っていった。

こちらは一点の曇りもない台風一過の朝

まぶしすぎるほどの日の光
雨に打たれた木々の緑の輝き
蝉の合唱もあちこちから聞こえて、
素晴らしい秋日和に恵まれました。

気温はぐんぐん上がり、
昼頃には30度を超え真夏日となっている

こんな朝、夫は待ってました、とばかり
喜び勇んでゴルフへと出かけて行きました。
同じく私も喜び勇んで、出かけます。

丸二日間、外へも行けず家の中でうだうだと過ごしていたが
もう、そろそろストレスもピークに達してた二人でした。

                  
                         青空にススキの穂がなびいてました
Img_0007


                                 誰が手折ったかハートの形
Img_0008
ススキといえば
毎年訪れる箱根の仙石原
もう咲き始めているかな・・・・・。

                            

                                     道端には曼殊沙華
Img_0004

Img_0002

                          彼岸花の傍らには仙人草も咲いていた
Img_0001
  

                                藪の中に咲く槿が美しいImg_0017_2

Img_0011

                 あっ!葛の花見っけImg_0005


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風、台風、台風の三連休

九州に大変な災害をもたらしている台風18号
また九州…と、心が痛む
テレビでは朝から台風の気象ニュースが、ずっと流れている

こちらでは、台風は本当に来るのか、と
思うくらい感じなく
朝から、全然風もなく静かな秋雨が降り続いているだけ。

気温も低く、部屋でじっとしていると寒いくらい。
床暖房を入れたり、厚での靴下をはきこんだりしている日曜日です。

先日、夫がテレビショッピングで購入した商品が届きました。

                              
                                         これです。

Img_0018
                               ワンちゃんの毛繕う手袋です。

娘の所には大きな犬を部屋で飼っている。
長髪ではないけれど、季節の変わり目は結構毛は抜ける。
一日、何回も掃除機をかけても
家の中は髪の毛でいっぱいになると嘆いていた。

この手袋をして、ゆっくりなでなでしながら梳いてあげる。

Img_0019_2

付いた髪の毛は、ゆっくりはがすようにすると
一枚の紙のようにはがれるとか。

Img_0020


愛犬トッティー。
我が家ではドイツの孫と呼んでいる

Img_0021


散歩コースの一つです

Img_0022


            飼い主に似て、お昼寝大好きです。
Img_0023
                          ブログ見たかな、娘ちゃん。

11月の帰国の時の、
爺、婆からのトッティーBoyへのお土産です~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶり、日差しがいっぱい

一週間ぶりのブログアップです。

今週はお天気がさえない一週間で、
日中はひたすらジムに潜り込んで体を動かしていました。

今日は久しぶりに陽ざしをいっぱいに感じる秋晴れ。
ベランダに、ずらっと干された洗濯物にうれしさを感じるのは
主婦の特権でしょうか。

昨日は朝9時半ころ家を出て、
ジムでの10時半からのパーソナルトレーニング。
地味~なコア運動をみっちりと指導され体がふわふわな感じに。
そのあと、スタジオで大好きなダンス・エクササイズを楽しみ
あとは自主トレに
ウォークマンとともに30分間のトレッドミルでの歩き。
そして最後は、フロアーでのゆっくりと全身のストレッチをこなし
シャワー、入浴。
終わると時間は2時近かった。
いつものカフェで
簡単なサラダドッグとコーヒー、遅いランチ。
疲れた体をいやす至福の時です。

それから買い物をして家に着いたのは夕方4時。
少し休憩をし、すぐさま夕食の準備・・・・・。

毎週金曜日はこのように過ごす私です。


今朝がた4時ころ目が覚める。

窓を開けるとひんやりとした空気が気持ちいい。
耳を澄ますと、虫の鳴き声が盛んに聞こえている
これが、”虫時雨”かと
しばし虫のオーケストラを楽しんでいました。

この虫の音を楽しむ文化は古くから育まれていたようですね。

平安時代には野山から虫を捕まえてきて、
鳴き声を楽しむ”虫選(むしえらみ)”や
お互いの虫の姿や鳴き声を自慢しあう”虫合(むしあわせ)”
江戸時代には、
山野に出かけて虫の声を聴きに行く”虫聞(むしきき)”の
名所もあったようです。

虫のBGMを聞きながら、いつの間にかまた寝ていました。

さて、我が家の今の庭は?
ああ~またしても草が蔓延、またそろそろ手入れをせねば。

Img_9778


Img_9781_2


チェリーセージのパープル色です。

Img_9785

Img_9779


チェリーセージというと
大体赤色が多く、丈夫で手のかからない植物
挿し木でいくらでも増える。
ある日、この紫のチェリーセージを見つけ
すぐさま手に入れました。
中々成長してくれずあきらめていたところです。
もう大丈夫、他のチェリーセージのように
増やそう。

花の色は、もともと紫系統が好きな私です。
庭のあちこちから紫のチェリーセージが咲く姿を思い描いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう秋ですね・・・

今日は九月二日、気持ちの良い一日でした。

”秋の夜長”といわれるように夜が長くなることから
9月を長月といいます。
今の暦では早すぎますが、
旧暦では秋真っ盛りなのです。
木の葉も色づき始めるので
紅葉月や色取月と言う異称も生まれました。

今朝降っていた冷たい雨は
いつの間にあがり、あれよあれよという間に、
青空が広がりました。

真っ青な空に真っ白な雲
空気は澄み渡り
久しぶりに見る空の青の美しさを
いつまでも、いつまでも眺めていました。

Img_9771


Img_9770


Img_0015

ツクツクボウシが、突然鳴きはじめました。

この蝉の鳴き声、皆様はどのように聞いていますか?

私には”オーシツクツク”と思い込んでいるので
そうとしか聞こえませんが、
昔の人は様々な聞き方をしていたようです。

旅の途中病気で亡くなった筑紫の人の魂が、
蝉になって、”筑紫恋し、筑紫恋し”と鳴く・…という伝説もあります。

また、”美し、佳し”と聞いた人
”つくづく惜し” ”つくづく憂し(つらい)” と聞いた人・・・・

ツクツクボウシだけではなく
ミンミンゼミは”見う見う”(会いたい会いたい)
クマゼミは”然か(しか)然か”(そうだそうだ)・・・・などなど。

今では、音を写し取るだけの鳴き声も、
昔の人は、言葉として聞いていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ