ニュース

おれ、おれ詐欺

Img_2228_1 今日のクリスマスローズです。

この花の形はまあ~るく咲きます。

下向きに垂れ下がっている姿がかわいいです。

Img_2231_1 花の中はこんなです。

大きくご覧になりたい方はお花をクリックしてください。

さて、おれ、おれ詐欺事件ておぼえていますか?ずいぶん被害者が出ましたね。

何でこんな事件でだまされるのかしら?と不思議に思っていたのですが、

わが身に降りかかるとは・・・・。被害こそなかったけれど、この忌々しい思いは忘れられません。もうすこしでだまされるところでした。

そしてこの事件はいまだに続いているのです。

2年ほど前の朝9時頃のこと。
おれ、○○だけど・・・・・。(会社へ行ったはずの息子から電話です。)
あら、どうしたの?
やっちゃったよ~!・・・。どうしたの?何をやったの?(電話の息子は泣いていました。)車で人をやっちゃったよ~!・・・・・・。
泣いていてもわからない、きちんと説明しなさい!。
でもちょっと待って、
あなた、今日は電車で行ったじゃない?
会社の車だよ、会社の・・・・。
(何か変?なにかおかしいな?)
ここまで話していて、あっ!これは、ひょっとしたら・・・・ピンと来るものがあった。
そしたら、私はどうしたらいいの!と冷たく突き放した。
じゃあ、もういいよ!・・・・・・ガチャン!と電話が切れた。

私の心臓は、ばくばく・・・・・。今の電話は息子だったのか!それともおれおれ・・・?
しかし、息子の声に似ているようでもあったし・・・。心臓は早鐘のようになっている。
息子の涙声なんて聴いたこと無い、こんな息子が泣いて親に電話をしてくるだろうか?
でも、若し本当の話だったら・・・・息子はどんな思いでいるのだろう・・・・。
助けを求めてきた息子に何もして上げない親をなんと冷たいと思うだろう。
そんなことが頭を駆け巡りおかしくなりそうな思いでした。
とにかく息子へ連絡を取ってみないことには・・・と思い立ちすぐ夫より連絡をしたのでした。

あァァ~~やっぱり、息子は会社で仕事をしていました。

ほっとしたと同時に腰が抜けました。今でもそのときのことを思い出すと心臓が痛みます。全くひどい話です。
でも、本当に声は良く似ているし、もっとも泣き声だったからまんまとだまされたのでしたが、これはお年寄りの方は絶対に騙されると、つくづく思った私でした。

そして、こんなことが忘れていたのに、またしても事件が起きたのです。

土曜日、同じように○○だけど・・・・。と、またしても息子の名前をかたっての電話がかかってきたのです。

携帯を落として壊したから新しくしたよ。電話番号が変わったからね。

といって新しい番号を言ってきた。

わかったわ。今度からこちらにかければいいのね。

うん。

今何処にいるの?(息子は毎土曜日には家に夕食に帰ってくる)

会社から帰る途中だよ。

声がおかしいけどどうしたの?

風邪を引いたんだよ・・・。

あら?そうなの?

うん?・・・・でもなんだか、おかしいな?・・・・・・・。

今、息子は会社には行っていないのだ。

一応ここで話は終わって電話は切れたのです。

やっぱりドウ考えてもおかしい。息子の声、話の仕方、それに電話番号が変わったことなど家に帰ってきて話せばいいことなのに・・・。

もしかしたら・・・・またもやいやな予感。

すぐに息子に連絡をしてみた(いつもの番号で)。

留守電だったがすぐに折り返し返事が来た。

電話を変えてなんか無いとのこと。

やっぱり・・・。でも教えてくれた番号はなんなのか。

警察に連絡してみた。警察はすぐさまわかった。

そして昨日またしても息子の名前で電話が入った。

やっぱり来た!と、少しこちらで遊んであげようかと思ったが、怖くてできなかった。

いい加減にしなさい、すべてわかっているのですよ。警察にも連絡してあります。といったら、ガチャリときれたのでした。

本当にどうして息子の名前まで知っているのか、何処でどのように個人情報が流れているのかつくづく怖い世の中になったものと考えさせられた事件でした。

みなさももどうぞ気をつけてください。電話にはくれぐれもご用心を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)