健康

健康であることのありがたさ。

今日も穏やかな一日
冬の陽射しがさんさんと部屋の中に降り注いでいます。
部屋の中はまるで温室。

私は体の調子が悪く、痛みがひどいです。
温泉にでも、浸っていたらいいのかな~。

調子が悪いといったら、夫が昨日は一日うだうだとして・・・。

前日のお夕食に、てんぷらを食べて、身体にある胆石が動いてしまって・・・。
夜、久々の痛みに襲われ、しちてんばっとうの苦しみ、
治る時はあっという間に収まるはずなのに、
今回の胆石はなかなかおさまってくれなかったよう。

いらないものは早く取ってしまいましょう・・・と言いながらも
5年の歳月が過ぎていたのです。

今回でやっと、手術の決心をしたようです

夫の体もいまひとつ、そして私の身体もいまひとつ・・・・。
健康でいなければ・・・・それでも夫は・・・・・ゴルフへ行きました。
何も連絡のないってことは、気持ち悪さもなくなり、Playしているのでしょう。

今日は一人、暖かな部屋で、のんびりと静かに過ごしています。

Img_9100 暖かな日差しを浴びて

チェイランサス・プルプレアが

気持ちよさそうに咲いています。

Img_9102 濃い紫の蕾

薄い紫の花びらの

グラデが

美しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体調がいまいち・・・・・。

気温の変化が著しいためか、はたまた疲れが出てしまったのか

体調の思わしくない私です。

昨日朝起きたら体がだるくて、熱っぽい。

体温を測ったら36,7度。

豚インフル?

今日はお友達の来宅の約束であった。

頑張って一応お迎えはしたけれど、

大したおもてなしもできず、申し訳ない気持ちでした。

今朝は熱はさがっているものの

股関節近くの太ももが、帯状に赤く腫れている。

ぐりぐりとした塊のようなものがある。

さわるとひどい痛みです。

昨日からおかしいと思いながら、昨日よりも大きくなっていました。

いつもの総合病院へ駆け込みました。

”丹毒”らしき疑いがもたれます。との診断。

抗生物質(ペニシリン)を頂き、30日再び診察の予約をして帰りました。

聞きなれない言葉、丹毒、ネットで調べてみると、結構恐い病気です。

普段から免疫力のない私の体、

ちょっとした傷口から菌が忍び込んでしまったようです。

こういうことになると、過信している自分の身体をもっと大切にしなければ・・・

と反省です。

せっかく帰国している娘と、6月1,2と尾瀬に歩きに行くはずであったのに、

安静にするようにとのこと、残念ながらキャンセルをしました。

Img_5208_2  遅咲きのばら、

ラブリーメイアンが、

満開です・

繊細なピンク色が美しいです。

そして後ろの赤いばらは

トラディッションです。

Img_5214こちらが トラディッション

ひとつの枝に数個の花をつけ

優しげな赤い色をして咲く

中輪のバラです。

このバラも好きなバラです。

Img_5209 紫のクレマチスが

たくさん花をつけています。

本当は

真っ白のバラとのコラボをと、

思っていたのですが、

なかなかうまくいきませんね。

いつか、白と紫のコラボを夢見て・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

糖尿病と告げられて

このところ、10年来わずらっている病気が又再発しはじめ、痛みが起きています。

すっかり病気のことなど忘れ、快適な毎日を送っていただけに

ちょっと憂鬱な気分になっています。

そのうえ、今年に入ってから、血糖値が高いとの診断が出始め、

栄養相談まで受ける始末。

とうとうヘモグロビンA1cという数値が6,6と、

是はまさしく糖尿病の域に達していました。

もう、ショックのなにものでもありません。

私のとって、遠い遠い存在の病気でしたから・・・。

早速に内分泌科ヘ受診、そこから眼科へまわされ、

糖尿による目の疾患がないかどうかの検査。

目の異常はなかったものの、ほかの病気発覚。

それは”網膜裂孔”といって眼球に穴が2個も開いているとのこと。

これは、長い間の近視から来ているらしく、

このままにしておくと、網膜はく離になるので速、手術をしましょうと・・・。

”網膜光凝固術”・・・いかめしい名前の手術が始りました。

手術といっても、ものの10分くらいで、レーザーを使って、穴をふさぎました。

眼球の箇所にレーザーを当てられるたびに、眼球が強い力で押される感じ。

脳にまでジーンと来て、なんともいえないいやな感じ。

気の小さい私は心臓の鼓動が聞こえそうなほどにどきどきして、

もう少し、もう少しと心に言い聞かせながら耐えました。

私の場合、運動不足や食事のとりすぎから?のはずはないと思うのですが、

となると、長い間飲んでいる薬、プレドニンの副作用?

それと遺伝的な要素?

これから検査が始ります。

毎日のカロリー計算をしながらの食事療法は既に始めています。

食べたいものを食べられない情けなさ。

食いしん坊の私にはつらいです。

でもなんとしてもこの病気から脱出しなければ・・・・・。

がんばらなくちゃ。

Img_4219

冷たい雨のなか、

チェイラサンスが、揺れています。

私の気持ちのように。・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

飛蚊症

たくさんの被害をもたらした台風13号、

こちらでは何事もなく通り過ぎていきました。

なんだか肩透かしを食らったような感じです。

Img_4309

青空の広がった空にむかって、

真っ赤な薔薇がきれいです。

Img_4310 ここにもコーラルピンクの薔薇が。

Img_4311

まだたくさんの蕾もついて、

次々と咲いてくれそうです。

”飛蚊症”・・・・・。自分がなって始めて知った病名です。

先日、出かけ先で突如、目の前に真っ黒な糸くずのようなものがいっぱいになりました。

ごみかと思い、一生懸命払ってみたものの消えません。

何か気持ち悪くなってきました。

不審に思った友だちが何をしているの?

何か目にたくさんの黒い糸くずが・・・・。

あァっ、それ私も今、なっているのよっ。

飛蚊症、そのとき知ったのでした。

夜、調べてみました。

”飛蚊症”(ひぶんしょう)

大量の紫外線を浴びている目、紫外線が入ると、硝子体の組織の中に活性酸素が発生し、組織の中のたんぱく質や脂質が酸化される。その酸化物が組織内に蓄積されると、この病気が生じる。

若いうちは活性酸素を分解する酵素が分泌され、酸化を防いでくれるが、老化に伴って、酵素の分泌が減少し、飛蚊症が発生しやすくなる。

これをいわゆる、生理的、飛蚊症といわれており一番多い原因なのだそうです。

もちろん、病気(眼病)による、飛蚊症もあって、こちらはちょっと恐く、失明にもなりかねないのだそうです。

私も2日間にかけて検査をしていただき、網膜の毛細血管からの出血はなかったとのこと、安心しました。

要するに、疲れと(ちょっと風邪ぎみであった)、老化にによる目の酷使からだったようです。

私の周りには、このようになっている方が結構いることに驚きました。

不安で、しゅんとしていたこの2,3日、結果がわかった途端に気が大きくなった私です。

どんなことでも不安を抱えることはいやですね。身にしみました。

目にまとわり付く黒い物体は、大分少なくなってはいますが、

まだちょろちょろと出没しています。

いったんこれになると、この物体が目から完全に消えることはないそうです。

多くなるとキケンなようですが、私は、大分収まってきています。

また余計なものと付き合わなければなりません。

いつまでも元気だと思っていた体、老いは確実にきているのですね。

情けないですが仕方ありません。

しっかりと受け止め、どう向き合っていくかが大切なことですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ぎっくり腰?

Img_3959 薔薇が元気です。

春よりも、葉がつやつやとして、

虫食いもありません。

ブルーバユー、美しく咲いています。

Img_3961

この薔薇、名前はわからないのですが、

お友達から戴いたブーケ、

あまりにきれいだったので、挿し木にしてみたら、見事開花したのです。

毎年たくさんの花を咲かせてくれます。

Img_3948

これも名前がわかりません。

春よりも元気に咲いています。

コーラルピンクがとっても美しいです。

Img_3940

風に揺れてうまく取れなかったので

手で押さえています。

上と同じ薔薇、この色が実物の色です。

先週から夫が腰痛に泣いています。

好きなゴルフへもすべてキャンセル、タダひたすら、ゴロゴロとしていました。

ドクターは、疲れからきた腰痛といいます。

念のため来週MRIを撮ることに。

考えると、慣れない山歩き、そして靴のアクシデント、

お盆休みに、床のワックスかけ、網戸の掃除、家のクリーニング・・・・

それこそ家事などやったことのないことをやってくれたのです。

きれいにしてくれたこと、文句を言うわけではないけれど、

その結果がこんなことになるなんて・・・・。

近くのおすし屋さんに歩いてお食事に行きましょうと、歩き始めたら

痛くて歩けない。痛みで顔がゆがんでいる。

それでもがんばって歩いた夫。

これが良くなかったのかしら・・・ますます痛みがひどくなり、

寝返りさえもできなくなってしまいました。

診察を受けて、安心したのか、マッサージを受けたり、鍼をしたりと

ゴルフ仲間からは、早くゴルフを一緒したいためか、

ここの病院がいいとか、ここの治療がいいとか・・・・

ひっきりなしの電話コールです。

それでも今日辺りから大分良くなって、お仕事にも行き始めました。

多少ビッコはひいています。

元気印の夫がまさかこんなになるなんて考えも及びませんでした。

昨年まで、腰痛では、散々夫に迷惑をかけていた私です。

こんな思いはいやですね。

夫もいやな思いを散々してきたのでしょうね。

健康のありがたさをまたしても思い知らされています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)