トレッキング

久しぶりの山へ

山の空気が恋しくて、ある旅行会社の山歩きツアーに参加してきました。
山行きといっても、標高差、700mくらいのハイキングです。
つらい山歩きはもうやめて一年を経て、久しぶりに歩いて
大変に山歩きが下手になっていることを、つくづくと実感しました。
折角のこの日は生憎のお天気
終始レインウエアーに身を包んだままの歩きとなってしまいましたが、
下界の暑さを忘れたひと時でした。

高峰山、標高2000mちょっとの頂上は、360度の大パノラマが広がり
素晴らしい絶景の望める山、また花の百名山ともいわれている山でもあります。
大パノラマは、残念でしたが
霧の中を、ただひたすら足元の花を見ながら歩いていたハイキングでした。

山の様子をまたアルバムにしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

灼熱続きの中での

お盆を過ぎたというのに、一向に暑さは衰えない毎日です。

月曜日、入会しているある学園のカルチャースクール,
”峠路の自然を訪ねて”という講座に始めて参加してみました。

長野にある入笠山、私は個人で過去3回ほど行っている。

今回は、入笠湿原~御所平峠~入笠山~仏平峠~再び湿原に戻り下山~
というルートです。

涼を求めて晩夏の入笠山・・・・と思っていたけれど
晩夏どころか、まだまだ盛夏、
やっぱり暑かったです。
それでも標高1955mの頂上では、日差しは厳しかったけれど
吹く風に秋をちょっぴり感じて、
360度のパノラマ
南、中央、北アルプスの素晴らしい展望を楽しんだり、
湿原には夏の花を始め、秋の花も咲き始めていたり・・・・・。
そんな入笠山を、たっぷりと楽しんでまいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉の大柳川渓谷を歩く。

あまりの好天に、家にいるのがもったいなく、車を中央高速、山梨へと走らせる。

久し振りに自然の中を歩きたくて、富士川の支流、大柳川渓谷へ行ってきました。

紅葉が美しい。

Img_0144

遊歩道のはじまりです。

Img_0148   

途中に見た紅葉のあまりの美しさに

Img_0146

眼下に広がる渓谷美

Img_0143

Img_0154

歩く先々には吊り橋が。
人がわたるたびにゆっさゆっさとゆれて、

Img_0156

Img_0161

”く”の字の形の珍しいつり橋

Img_0164

色よく染まった紅葉が目を愉しませてくれる

Img_0155

マイナスイオンをたっぷり浴びながらの
たくさんの滝や、奇岩、怪岩をみながら、

Img_0159

Img_0165_2

自然の景観の中に、この身を預けて愉しんだ大柳川渓谷でした。

ロープウエイで、ちょっと昇仙峡の頂上までひとっとび、
そこには、富士山の美しい姿が。
今日は終始富士山の雄姿が何処からでも見ることが出来た。

ここから見る富士山はとってもスリム。
まるで、葛飾北斎の絵のような。
もしかしたら北斎の富士山はこちらの方から描いたのか。

Img_0170

そしてこちらからは、金峰山が手に取るように

Img_0167

| | コメント (2) | トラックバック (0)