庭の様子

七月に入って

今日から七月、なんと今年も半分過ぎてしまいました。

七月の異称は文月
これはよく知られていますね。

語源の一説には短冊や歌や字を書いた七夕の行事から
文披月(ふみひろげつき)、
それが転じて文月になったという説があります。

そのほかに、七夕月、七夜月、
そして愛逢月(めであいづき)なんて言葉もあります。
七月といえば七夕だったのですね。

ロマンティックな出会いを予感させる七月ですが
今は梅雨本番、じめじめとした煩わしさに
こんな境地はほど遠く感じられます。

人間様には煩わしき季節ですが
草木にとっては思う存分水を得て活気づく恵みの季節、
木々や草花がことのほか、美しく見えます。

青時雨(あおしぐれ)・・・・青葉から滴り落ちる雫のこと
素敵な言葉ですね。
こんな自然の織りなす情景を目の当たりにする今の庭、
ふっと一息ついて、眺めています。

半夏生(半化粧),が咲いています
葉の半分のお化粧、
葉の白さがひときわ目立ちます。

Img_9148
半夏生
夏至から11日目にあたる日から5日間を半夏生といいます。
農作業がひと段落して、休息をとる時期でもあったようです。

さて、七月の今の庭、しっとりとして大好きな季節の庭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨寒の一日でした

今日は、梅雨入り発表からの
久しぶりの雨に、心が潤された様でした。

道端に咲くアジサイも色鮮やかに、
そして、庭の木々も潤されて、
街を歩けば、傘の花も色とりどりに咲いていました。

傘といえば、今朝のテレビで
今年の傘のトレンドは、
ビニールの透明な傘なのだそうです。
それも、イギリスの皇室ご用達の傘がトレンディーなのだそうです。

中々おシャレで素敵な傘を紹介してました。
私も、一本ほしくなりました。

さて6月も半ば、
つい先日まで、薔薇よ薔薇よと華やかだった庭が
あれは幻だったのか・・・・・と、
想うほど、今は深い緑に覆われて、
ポツリポツリと帰り咲きする薔薇のある中
夏の庭へと移り変わりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眩い五月の光が降り注ぐ庭は

今日もまばゆいばかりの光がいっぱいに広がる
連休明けの朝です。

また日常の生活が始まりましたね。

毎朝、目が覚めると必ず庭に立つ私ですが、
この頃の植物の成長に目を見張ります。

あ!またあたらしい花が咲いている!と
見つけては、一人悦に入ってます。

今年は薔薇がとっても元気です。
朝晩の気温差も手伝ってか、色の美しいこと。

今、マッカートニー・ローズとアンダー・ダ・ローズが
勢いづいていますが
これらの薔薇以外も、蕾が開き始めてきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱陶しい天気の中に咲く花々

9月に入ってからも台風台風に追いまくられている感じの昨今
台風接近と言われながらもなんとかすり抜けて、
何も被害を受けていないこのエリアですが、
被災地の大変な様子をニュースで見るたびに、心痛みます。

今朝も大雨警報が出ているのに
青空がのぞいたり、雨がぱらついたりとネコノメの如くに変わる空もようです。

庭に目をやるのも辛いほど、草は伸び放題。
なんとかせねばと、
今日の予定は何もない、思い切って草取りをしようと心に決めた。

見渡すと秋薔薇やクレマチスの帰り咲きが始まり
植物たちは、いち早く秋を感じているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、庭は花盛り

6月の庭、植物の成長が著しい毎日、
先日採ったばかりの草がまた生えてきている。
草とのいたちごっこの始まりです。
そして、これからはいろいろな虫たちも発生し、
忙しさに拍車がかかる。

6月から7月にかけての我が家の庭
小さな花大きな花がたくさんに咲き華やかに彩る。
6月7月の、我が家の庭、大好きです。

早速今の庭の様子を纏めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭は花盛り・・・だけど

待ち焦がれていた桜も終わり
葉桜となった古木は大きな影をつくり
又いつもの静けさに・・・。
木の下では楽しげに親子連れがくつろいでいます。
“葉桜の下にヨチヨチ赤い靴”

そして今年もはや、薔薇の季節がめぐって来ています
我が家も、早速に黄色モッコウバラが満開となり、
マッカートニーローズも咲き始めました。

010


006

末曽有な熊本大地震
やっと今日から一部のJR,そして空港が再開されたものの
まだまだ、毎日の余震におびえている被災地の方々の
ニュースを見るにつけ、心痛む思いでいます。

日本には今回のような地震の活断層が2000か所もあるという。
日本列島は活断層の上に立っているようなもので
いつどこでもこのような地震が起こりうると、専門家は指摘しています。

私、今、帯状疱疹となり、突きさすような痛みに
辛い思いで過ごしています。
時期がくれば直る事はわかっているので、
しばしの辛抱と自分に言い聞かせてはいますが、
此の痛さは本当に辛いです。
地震災害に合われていらっしゃる方々に比べたら
こんなこと、とるに足らないことです。
今回アルバムを出すことを憚かれたですが・・・・

被災地や被災地の方々に一日も速く安息な日が戻りますことを
心からお祈りしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪の降った朝

” 春浅し 頬さす風の 冷たさよ ”

大寒にふさわしい冷たい日の続く毎日、
庭の片隅には降った雪が今だに解けずに残っている。

目が覚めるとすっぽりと銀世界に包まれていた先週の月曜日、
出勤の方々は大変だろうな~・・・と、思いながら
徒然なるままに庭を眺めていたら、
メジロが一匹、枝に止まっていた。
この時期、餌などないのでは・・・。
それでも必死に枝をついばんでいる。
蜜柑をそっと挿してあげた。

いつの間にか、どこからともなくやってきたメジロ
蜜柑をすごい勢いでついばんでいた。

その様子が可愛くて、思わずカメラを向けていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の庭は、まだまだ元気

街はクリスマスソングにあふれ
行きかう人々は足早にすれ違い
日が落ちると、
イルミネーションがきらきらと
街や人々を輝やき放っている。

さて、今朝もきらきらと
こちらは、天然の輝きがいっぱい空から降り注いでいる。
太陽の出ている朝はうれしい。
こんな日は気持ちも高鳴り、
一日頑張るぞ!って気合がかかります(笑)。

見渡せば、まだまだ元気に花に彩られている冬の庭です。

初冬の庭を纏めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の五月の庭は

二日連続の真夏日を迎えている今日、
厳しい日差しがさんさんと降り注ぐ庭、
薔薇は咲き終わり、これから夏の花へと移行する季節には少し暑すぎる~。

今一番元気に咲いているのがアルストロメリアです。
暑い日差しにもめげず、ぐんぐんと、すごい勢いで咲いてます。

Img_9205

見渡すと結構赤い花に染まっている今の庭です。
皐月の朱色、クレヴィリアの赤色、また蕾のうちは深紅のハニーサックル
夏を乗り切る前のパワーを届けてくれているのでしょうか・・・・・。

さて五月もそろそろ終わりに近づき、
これからうっとうしい梅雨に入るのも時間の問題でしょうか。
その前に五月のさわやかな陽射しの中で
咲く花々の様子をアルバムにしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月も終わりです

つい先日まで桜色に覆われていた街並みも今は
すっかり緑色にチェンジしてしまいました。
我が家のシンボルツリーやまぼうしも、いつの間にかグリーンに覆われて
連日の好天に、キラキラと眩しいほどに輝いています。

もう四月も終わり、日にちはどんどんと過ぎて、
大型連休もいよいよ始まり、カレンダーを、きょう5月へと移行しました。

連休のスタートを前に
我が家の四月の庭を纏めておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)